« FUJI ROCK FESTIVAL ’04 | トップページ | 個人的ベスト100 »

FUJI ROCK FESTIVAL ’07

Dscn1624

金と時間の都合つけるのが大変だし歳くって腰も重くなっちゃったしで、あいだ2年空いちゃったけど、ストゥージズのグリーンでの晴れ舞台も観たくて、昨年は3年振り2度目の3日間参加を果たした。相方は不動のM君。

俺等が不参加の年には悪天候の時も多いが、日頃の行いがイイせいか昨年も3日目の午後に一時的に本降りになっただけで、ほどよく気温も上がり最高のコンディションの3日間だった。少しばかり体調不良だったM君を尻目に、これまでで一番動きまわってきた。

1日目に良かったのはYOUR SONG IS GOOD ファンクっつうか、カリビアンっつうか、ノリのいいダンス系なんだけど、どこかウェットで熱くクサイ歌詞(誉めてます)やキャラ、ステージ運びのウマさに何故かRCを思い出した。あとへヴン初っ端の渋さ知らズにゲスト参加してた三上寛の強力な存在感も忘れがたいな~。

2日目はオレンジで観た木村充揮&近藤房之助がサイコーだった。想像通りではあったけど、酔いどれチンピラオヤジっぷり全開でカッコよかったなぁ。『酒と涙と男と女』を演った後の木村のMC「酒ってなんやろね?美味しいお水?」には爆笑させてもらった。ヤッパリ演った『踊るポンポコリン』近藤がマジに、なおかつ楽しそうに唄った『STAND BY ME』木村が大マジで唄った坂本九の『見上げてごらん夜の星を』(だっけ?)あたりにグッときた。

そしてストゥージズ。実は今回、年甲斐もなく恒例のステージ客上げに参加すべく、早めに陣取り、ロン・アシュトン側2列目(列とは言わねえか、まぁ俺の前に一人いたってコト)で登場を待つ。フジ前に他国のフェスなどの映像をyoutubeでチェックし、どの辺で演るどの曲で客を上げるかも調査して(ハッキリ言うと04年の前回来日時も曲順とかまで殆んど同じだったんだけど)あとは行くのみ。で中盤にその『REAL COOL TIME』が始まり、間奏で遂にイギーが「come on japanese motherfuckers!」と叫ぶ。ヨシッ、行くぞ!“アレ、みんな行かないの?”俺のまわりの連中、誰も行こうとしないよ。他の最前周辺、みんな行ってんのに。あせって前の女性を越えて行こうとするが、運動オンチだし酔ってるしで、なかなか柵を越えられない。あげくに柵掴もうと思って前の娘の胸、思いっきり掴んじゃうし(絶対ワザとじゃないよ!)。結局、胸まで触られてウンザリしただろうその娘が俺のケツ押してくれて、転がりながらようやく柵越え。カッコワリィ~。しかし、その時点でステージ上&前は大変な事になってて、屈強なジンガイ・セキュリティがこれ以上、上げまいと睨みをきかせている。何度かチャレンジしたものの、ドツカレまくって結局、ステージ下の一段低いWOWWOWのカメラ・クルーの所までしか行けなかった。んー、残念!で肝心の演奏内容。前回来日で一度観ちゃってるんで正直、新鮮さはなかったけど、さすがストゥージズ。これまでイギーのソロのバンドで納得したコトなかったんだけど、弾き過ぎず叩き過ぎずサイコーだった。

3日目。04年でも感じたが、最終日は時間が進むにつれ『サザエさん』的なブルーな気持ちになってくる。雨降ってきちゃうし。そんな思いをすっ飛ばしてくれたのがフリクションだった。達也入って2人フリクションになってからの音源&映像観聴きしてもイマイチ、ピンとこなかったんだけど、百聞は一見にしかず。実際観るとスゴイスゴイ!前の方で観てたせいか達也のドラムも腹に響きまくった。後半『ZONE TRIPPER』で達也が“入った”瞬間を見て鳥肌たっちゃったもんな。

以上全5回、長々と書いてきたフジ・メモリーも今日で終了。今年行くかどうかはまだ未定。メンツ次第だな。個人的に希望するのはAC/DC、スプリングスティーン、P・マッカートニー、マシュー・スウィート、斉藤和義、山下達郎、それとRCの再結成。さてどうなるか・・・。

|

« FUJI ROCK FESTIVAL ’04 | トップページ | 個人的ベスト100 »

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

FUJI ROCK FESTIVAL」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/9948263

この記事へのトラックバック一覧です: FUJI ROCK FESTIVAL ’07:

« FUJI ROCK FESTIVAL ’04 | トップページ | 個人的ベスト100 »