最近のトラックバック

« 道化師の涙 | トップページ | 明日、武道館に駆けつける方へ »

2008年2月 7日 (木)

チャボの魂

Dscn1658 多くの人がそうだったろうと思うけど、チャボの1stソロ『THE 仲井戸麗市 BOOK』を初めて聴いた時は驚いた。RCのアルバム中にも「セルフポートレート」のような割と近いテイストの曲もあったが、当時チャボには“外向的で(繊細さも持ち合わせつつ)ワイルドなR&Rギタリスト 和製キース・リチャーズ”ってカンジのイメージを持ってたから。2nd『絵』のリリース時にロッキン・オン・ジャパンでチャボとマーシー(当時ブルーハーツ)の対談があり、マーシーが『絵』を評して『チャボの魂』と言っていたが、そのタイトルが似合うのは『BOOK』の方だろう。

リリース当時は大して聴かずに半ば忘れかけていたんだけど、以前ルー・リード『ベルリン』の記事に書いた様に『BOOK』リリース翌年86~87年の初頭に掛けて、かなりダウナーな今でいう引き篭もり状態になってしまった頃に、どっぷりハマってしまった。その時が俺とこのアルバムの“出会い”だったんだと思う。

「早く帰りたいpart2」「MY HOME」などの世界観は衝撃だったなぁ。これアリなんだ、言っていいんだ、俺もそうなんだよってカンジだった。「秘密」で唄われる恋愛観には憧れたなぁ。86年『BOOK』追加ツアー地元公演に行って、「秘密」演奏後に“カッコイイ!カッコイイ!”って前の方で叫びまくってたら、後ろ向いてチューニングしてたチャボが振り向いて指差して“Yeah!”ってレスポンスしてくれたのはとても大切な思い出になってる。

『BOOK』リリース時のロッキン・オン渋谷陽一によるインタヴューでは

チャボ「もう少し爽やかなカンジも入れた方が良かったかな?」

渋谷「同感ですね(笑)」

というやりとりがあったが、ホントはそんなコト思ってないよな、ふたりとも。

『BOOK』を継承しつつ色彩感が増した2nd『絵』突き抜けたカンジのする蘭丸との『麗蘭』その後の数々の作品にも思い入れはあるけど、俺にとっては未だに『BOOK』がNo.1だ。

昨日、録画したNHKの清志郎、これからじっくり楽しもう。あと3日だ!

« 道化師の涙 | トップページ | 明日、武道館に駆けつける方へ »

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

昔、サントピアで観たチャボはカッコよかったなぁ。

これを聴いた時は驚きましたよねぇ…。当時は、まさかチャボからこんな音が飛び出してくるとは思っていませんでしたから。

私は初めて聴いたとき、A面を聴き終えてもB面に行かず、もう一度A面を聴きなおしましたからね。「今聴いたのは何だったんだろう?」って。

>おーや様
チャボのサントピアって麗蘭とポエトリーリーディング&弾き語りの2回しかないよね?
どっち?俺、どっちにもいましたよ。弾き語りの時はMCの、あるジョークで馬鹿笑いしちゃって「笑ってんじゃねーよ!」とチャボに怒られました(笑)

>Blue様
そうですよね~。ホント、こんなだとは夢にも思いませんでしたよね。
いよいよ明後日ですね!茨城からなんで、ちょっと雪による交通機関の乱れが心配ですが、お互い思いっきり楽しみましょう!

朗読&弾き語りの方です。
『フリータイム』で客席まで来たとき盛り上がりましたよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/10311559

この記事へのトラックバック一覧です: チャボの魂:

« 道化師の涙 | トップページ | 明日、武道館に駆けつける方へ »