« 偉大なる名コンビ 国内編 その3 | トップページ | 偉大なる名コンビ 海外編 その2 »

2008年3月10日 (月)

偉大なる名コンビ 海外編 その1

Dscn1719レノン&マッカートニー

外タレで名コンビっつたら、やっぱり何をさしおいても、このふたりからだよね。

個人的には、ビートルズよりジョン・レノンな俺だけど、そうは言ってもビートルズはスゲエよ。ポールが居なくて、ジョンだけだったら、ここまで巨大な存在になってたかどうか疑問だしね。それに、ポールに対するライバル心で、ジョンも底力を発揮したトコもあると思うし。清志郎とチャボの時にも書いたが、このふたりもお互いをギンギンに意識してたと思う。解散後も含めて、相手に向けた曲が多いしね。

ポールの曲では、ボードヴィル調っつうの?「マックスウェルズ・シルバー・ハンマー」「ハニー・パイ」「ホエン・アイム64」とかの能天気なカンジが、ダメなんだよなぁ。あと「イエスタデイ」「エリナー・リグビー」みたいなクラッシックっぽいのも、あまり好きじゃないかな。あっ、「シーズ・リヴィング・ホーム」は好き。ジョンのコーラスがイイから(笑)他にも「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「アイル・フォロー・ザ・サン」「ドライヴ・マイ・カー」なんかでの低音バック・ヴォーカル、「SGT,ペッパーズ」「マジカル・ミステリー・ツアー」「バースディー」「アイブ・ガッタ・フィーリング」等での部分的なリード・ヴォーカルもイイよなぁ。まぁ、これらは、どれも曲自体がイイんだけど。

クォーリーメン時代から数えても、ふたりが一緒に活動してたのは12年位だ。でも、ビートルズに限った話じゃないが、時代的なものもあり、今のバンドより全然密度の濃い人間関係があったのだと思う。で、解散後10年でジョンが死んでしまった時のポールの心中たるや、俺たちのような一介のファンには想像もつかないものがあっただろう。それ考えると、ジョン亡きあと、イロイロ、バッシングにあったりしたポールが可哀相に思えてきちゃうな。あんまり悪く言っちゃいけないね。

|

« 偉大なる名コンビ 国内編 その3 | トップページ | 偉大なる名コンビ 海外編 その2 »

BEATLES」カテゴリの記事

コメント

次はジャガー&リチャーズっすね(笑)

投稿: おーや | 2008年3月10日 (月) 21時24分

>おーや様
バレバレですよね(笑)

投稿: LA MOSCA | 2008年3月11日 (火) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なる名コンビ 海外編 その1:

« 偉大なる名コンビ 国内編 その3 | トップページ | 偉大なる名コンビ 海外編 その2 »