« 素晴らしき編集アルバムの世界 | トップページ | 25年目の5月2日に »

2008年4月29日 (火)

パンク・コンピレーションの決定盤

しつこく引っ張ります。

単独アーティストの編集盤に続いては、VARIOUS ARTIST、いわゆるオムニバス、コンピレーションもの。

Dscn1850 俺にとっては、未だに圧倒的にコレ。バンドと曲のチョイス、ほぼ時系列と思われる曲順、そしてアート・ワーク、タイトルにいたるまで、これからも、このアルバムを超えるパンク・コンピは出ないんじゃないかな~。

昨夜、久々に聴いたけど、アタマのBUZZCOCKS「BOREDOM」から最後のANGELIC UPSTARTS「LUST FOR GLORY」まで全38曲、一気に聴けちゃうもんね。今回、あらためてカッコイイなと思ったのは、ANTI‐PASTI「NO GOVERNMENT」、DEAD KENNEDY'S「HOLIDAYS IN CAMBODIA」いやぁ、ホント、カッコイイな~。

Dscn1851 ついでにもうひとつ。

86年頃に出た、主にアリスタ音源からとなるこのアルバム。NYパンクのミーハーな俺は、このジャケだけで買い(笑)

GRAHAM PARKERとIAN DURYのセレクトがちょっと意外な気もするが、PATTI SMITH「GLORIA」で始まり、「MY GENERATION」のカヴァー(当時はココでしか聴けなかった)で締めて、間にTELEVISION、BLONDIE、LOU REED、RICHARD HELL、IGGY POPだもの。避けては通れまい(笑)ただ、LOUとIGGYに関しては、アリスタ時代は俗に低迷期と言われてて、個人的には思いいれもあるが、最高な時期じゃないのは否めない。ま、そんな半端なとこも好きなんだけどね、このアルバム。

|
|

« 素晴らしき編集アルバムの世界 | トップページ | 25年目の5月2日に »

NY PUNK」カテゴリの記事

PUNK」カテゴリの記事

コメント

おー、アリスタのオムニバスは懐かしいですねぇ。私も当時「My Generation」目当てに買いました。好編集盤でしたね、これ。

投稿: Blue | 2008年4月29日 (火) 23時07分

>Blue様
お~、Blueさんも買いましたか!
コレ、なんか不思議な統一感あってよかったですよね。

クドイっすけど、最近流行りのコンピものは、目一杯、つっ込んで
流れも何もなく、ジャケとかも味もそっけもないの多いですよね~。

投稿: LA MOSCA | 2008年4月30日 (水) 20時57分

IGGY、実はアリスタ時代が好きなんですよ。

パーティーが大好きでね。

少し前に退会したmixiでは取り上げたけど、ECHOESは基本その時買ったものと決めてるので。


mixi退会して2時間後には再登録してます、良かったらTKで探して下さい。

投稿: TK | 2008年7月25日 (金) 21時07分

>TK様
あ~、「パーティー」は俺も好きですねぇ。
イギー本人は嫌いみたいですが(笑)

俺、ルー・リードもアリスタ時代に
思い入れあるんですよね~。
特に「テイク・ノー・プリズナーズ」と「警鐘」

投稿: LA MOSCA | 2008年7月27日 (日) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/20652319

この記事へのトラックバック一覧です: パンク・コンピレーションの決定盤:

« 素晴らしき編集アルバムの世界 | トップページ | 25年目の5月2日に »