最近のトラックバック

« 4●年目の6月9日に | トップページ | 痙攣するギター、引き攣る声 »

2008年6月12日 (木)

スルー出来ずに買いました

Dscn1990 昨年、創刊されてから、割と傍観してたこの雑誌。

ロックとファッションの絡め方があまり好きなカンジじゃないし(掲載されてる服、高過ぎなうえに、カッコよくないぜ!)、全体のお洒落な雰囲気もいけ好かない。表紙や特集に惹かれても、“だまされねぇゾ!”と極力避けてきた。(とは言うものの、2度購入してる。ストゥージズのリユニオン・アルバム・リリース時のイギーのインタヴュー、ジョン・レノンの表紙と71&80インタヴュー小冊子に釣られて。どっちも面白かったんだよね~)

しかし!こりゃ避けられねえよな。セックス・ピストルズ・インタヴュー小冊子付き

Dscn1992 77年のロンドン取材モノ、78年USツアー・レポート、そして80年のジョン・ライドンが語る脱退の真相。

おまけに本編のメイン特集、ロックTだし。甲本ヒロトのロックTコレクションだもんねぇ、コレは見たいよな。

さて、今からじっくり読もう。

« 4●年目の6月9日に | トップページ | 痙攣するギター、引き攣る声 »

日本のロック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

SEX PISTOLS」カテゴリの記事

コメント

こんばんはーーー。

すごく気になる内容ですね。

僕も欲しくなってきました。

>ちゅう吉様
ピストルの小冊子、読み応えありましたよ~。
当時のrolling stoneに掲載された写真も載ってて
カッコイイっすよ!

ピストルズの小冊子だけ200円くらいで別売りしてくれないでしょうか^^;

実は今シナロケライブから帰宅したところであります。なかなかもり上がって素晴らしいライブでしたよ。

>マイト様
アハハ!小冊子だけ200円くらいで!
イイ発想ですね~。
シナロケですか。相変わらずテンション高いライヴ
やってるんでしょうね。

イギーのインタヴューのは私も持っております
家にも2冊 笑
コレ面白そうですねー
ヒロトファンなので・・・

>湯侍様
ヒロトのTシャツ話、面白かったッスよ。
勿論、ピストルズ小冊子も。
湯侍さんのあと1冊は、どの号なんでしょう?

ええーっと
今見てみたら
2007年7月号でした
キースとジョニーデップが表紙のやつでっす

なんでかな?

キースが決めてだったのかも

覚えていませんが・・・ 

>湯侍様
>キースとジョニー・デップが表紙のやつ
あ~、俺、コレの時は、踏ん張って我慢しました。
かなり悩みましたケド。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/21588525

この記事へのトラックバック一覧です: スルー出来ずに買いました:

« 4●年目の6月9日に | トップページ | 痙攣するギター、引き攣る声 »