« 2008年9月6日 日比谷野音 | トップページ | 雨男 »

2008年7月 6日 (日)

表紙がまた子なのは何故?

Dscn2034 銀魂の最新刊24号を購入。

娘の大好きだったテニスの王子様の連載終了後、ジャンプを毎号は買わなくなっていた為、初めて読む話が多いね、今回。

というか今回、4話に亘って続く新八の文通物語と3話続く老犬と年老いた飼い主の愛憎入り混じった話(何れも死ぬほど笑えて、尚且つホロリとさせられる名作)、そしてジャンプスクエアに掲載された読みきり「13 サーティーン」(コレがまたブッとんでてサイコー)だけで、1話完結の多い銀魂にしては珍しいパターン。

しかし、毎回思うことだが、この漫画、セリフ回しが絶妙だね。絵も勿論イイんだけど、セリフで笑わせてもらってる気がするな。

テレビ・アニメの方もここんトコ、スゲエ面白い。基本1話完結なので、ランダムにストーリーが出てくるんだが、次回は何が出るか?と毎回、楽しみ。

思いっきり楽しませてもらったんで、コレで今週も頑張って乗り切ろう。

|

« 2008年9月6日 日比谷野音 | トップページ | 雨男 »

銀魂」カテゴリの記事

コメント

だ~い好きです

最近洞爺湖の木刀が注目されたりで、サミットニュース見ながらニヤニヤしてます。

投稿: TK | 2008年7月 7日 (月) 10時32分

>TK様
ね~。サイコーですよね!

洞爺湖の木刀。俺もニュースで見て笑いました。
空知先生もきっと笑ってるでしょう。

投稿: LA MOSCA | 2008年7月 7日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表紙がまた子なのは何故?:

« 2008年9月6日 日比谷野音 | トップページ | 雨男 »