« PULP FICTION | トップページ | 今は・・・ »

個人的 ビートルズ「青の時代」ベスト50

Dscn2048 先月の「赤の時代」ベスト50に続いて、今度はBlueさんに先を越されないように(笑)前倒しでいきます。

個人的「青の時代」ベスト50

明日発売の本家レココレではどうなんだろうね。やっぱり1位は「ストロベリー・フィールズ」か?それとも「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」?

では俺のベスト50 (順不同)

「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」

「ペニー・レイン」

「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

「ウイズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」

「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウイズ・ダイアモンズ」

「シーズ・リーヴィング・ホーム」

「ウイズイン・ユー・ウイズアウト・ユー」

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」

「アイ・アム・ザ・ウォルラス」

「マジカル・ミステリー・ツアー」

「フール・オン・ザ・ヒル」

「ヘイ・ジュード」

「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」

「ディア・プルーデンス」

「グラス・オニオン」

「ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」

「アイム・ソー・タイアード」

「ブラックバード」

「ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード」

「ジュリア」

「バースデー」

「ヤー・ブルース」

「エヴリバディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」

「セクシー・セディー」

「ヘルター・スケルター」

「レヴォリューション1」

「サヴォイ・トラッフル」

「グッド・ナイト」

「ヘイ・ブルドッグ」

「カム・トゥゲザー」

「サムシング」

「オクトパス・ガーデン」

「アイ・ウォント・ユー」

「ビコーズ」

「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」

「サン・キング」

「ミーン・ミスター・マスタード」

「ポリシーン・パン」

「ゴールデン・スランバー」

「キャリー・ザット・ウェイト」

「ジ・エンド」

「ゲット・バック」

「ドント・レット・ミー・ダウン」

「ジョンとヨーコのバラード」

「オールド・ブラウン・シュー」

「トゥ・オブ・アス」

「アクロス・ザ・ユニバース」

「アイヴ・ガッタ・フィーリング」

「ロング・アンド・ワインディング・ロード」(アンソロジー・ヴァージョン)

「ユー・ノウ・マイ・ネーム」

やっぱり「赤の時代」同様、順位はつけられないな。強いて上位5曲を選ぶと

「ストロベリー・フィールズ」

「デイ・イン・ザ・ライフ」

「ウォルラス」

「ウォーム・ガン」

「ヤー・ブルース」

「アクロス・ザ・ユニバース」

って6曲だけど(笑) ダメだね、やっぱ、選べねえや。

あと今回、気付いたことがひとつ。俺、(あくまで、どちらかというとだけど)「青の時代」の方が好きかもしれない。

|
|

« PULP FICTION | トップページ | 今は・・・ »

個人的ランキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BEATLES」カテゴリの記事

コメント

今晩は!!

僕も「ストロベリー・フィールズ」
大好きです。

初めて聴いたときは、不覚にも
号泣してしまいました。

レココレも買ってみますね!!

投稿: ちゅう吉 | 2008年7月13日 (日) 18時38分

『レディ・マドンナ』と『ホワイル・マイ・ギター~』は外せないですね。
俺は「青の時代」派です!

投稿: おーや | 2008年7月13日 (日) 20時33分

>ちゅう吉様
レココレ、明日ですね!
「ストロベリー・フィールズ」
はスペシャルな曲ですよね~。

>おーや様
どっちも嫌いじゃないんですが・・・。
他にもいろいろ落としました!
「愛こそはすべて」「Mr.カイト」
「ロッキー・ラックーン」「イッツ・オール・トゥ・マッチ」「ディグ・ア・ポニー」etc
キリがないっすね(笑)

投稿: LA MOSCA | 2008年7月14日 (月) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/22267893

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的 ビートルズ「青の時代」ベスト50:

» B4「青の時代」 [アチキの毎日 @2nd]
■今日の「青ビートルズ」 乗り遅れた、乗り遅れたよ!>レココレ8月号。ビートル... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 01時36分

« PULP FICTION | トップページ | 今は・・・ »