« ルースターズとブランキー | トップページ | 本日、8月31日をもって »

還暦を過ぎたサイコーの現役ヴォーカリスト

Dscn2164 少し前にKENBOさんのご好意で、柴山俊之の最近の作品をまとめて聴く機会があった。誰もが認めざるをえない日本ロック界の巨人のひとりだし、俺も昔から一目も二目も置いてるけど、ライヴも観たことないし全作品をフォローしてるわけじゃないしで、非常にありがたかった。

サンハウスの83年の再結成、86年の初のソロ名義作『SENTIMENTAL FOOL』、翌87年の下山淳、奈良敏博らによるSENTIMENTAL FOOLをバックにした『汚れた顔の天使』、91年の藤沼伸一、奈良、野島健太郎、池畑潤二とのバンドRUBYの1st『黒い地球儀』 俺が聴いてたのはここ迄だった。

80年代のソロ2作は、アダルトな雰囲気で“こういうのもアリだな”と思わせるイイ作品だったし、RUBYは夢のような顔ぶれで文句なしにカッコイイ作品だった。(その後のBlues Lion、菊花賞などは未聴なので割愛します。スイマセン!)

しかし、現在のバンド、Zi:LiE-YAは何か気合の入り方が違うような気がする。毎年、コンスタントにアルバム出してるし、ライヴも目茶苦茶やってるみたいだし。柴山って昨年、還暦迎えたんだよね、確か。スゲエよなぁ。

昔、初めてサンハウス聴いたとき、洋楽の(出来のイイ)対訳のようなロックな歌詞が、自然に音に乗っかってるのにショーゲキを受けたんだよね。そんなのあまり聴いたことなかったから。変な言い方だけど“有能な作詞家”だよね、とっても。タイトルや歌詞への洋楽からの引用も多いけど、嫌味じゃないんだよな、この人がやると。個人的には、「DESTINY STREET」 (RICHARD HELL)とか、昔のロケッツ『ROKKET SIZE』(コレも名盤だったなぁ)に提供した「ホラ吹きイナズマ」のサブタイトル 「CONSOLATION PRIZE」(IGGY POP)あたりはニヤリとさせられるところ。

そう!ジライヤでは、かつて柴山がひとに提供した曲のカヴァーなんかもやってるんだけど、『ROKKET SIZE』収録の「VINTAGE VIOLENCE」(これもJOHN CALEの引用。しかしカッコいいタイトルだな)がサイコー!鮎川が歌ったのもカッコよかったけど、やっぱり柴山が歌うとスゲエね。最近、アタマの中でこの曲ばっかり流れてる。

画像は、83年頃?ロフトでのサンハウス。右に鮎川、左に花田!

|
|

« ルースターズとブランキー | トップページ | 本日、8月31日をもって »

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

ラ・モスカさん 
記事中LINKありがとうございます!

Zi:LiE-YAはLIVEバンドだから
やっぱり場数をたくさん踏んで煮詰めていく。
レコーディングもLIVE。
ボーカルの修正などもしない。
というような菊のコメントを読んだおぼえがあります。

RUBYもカッコよかったけど
Zi:LiE-YAもいいっすよね

こんど菊花賞聴いてみますか?

投稿: KENBO | 2008年8月29日 (金) 21時16分

>KENBO様

この度は、ホントにありがとうございました。
ジライヤ、カッケエっすね!

菊花賞は、昨年、水戸のライヴハウスに来たんですけど行けなくて、行った連中に「スゲエ、良かった!」と聞かされまくって悔しい思いをしました。

聴いてみたいです!

投稿: LA MOSCA | 2008年8月30日 (土) 21時20分

初めて書き込みさせていただきます。
いぬん堂のホームページで良くお見かけするので、ホームページに遊びに来ました。
柴山さんは最高です!いつもギグは、2時間半以上ライブしてくれます!10月には新しいAlbumも出ます!
あたしも最近、仕事や他の逃せないギグに、ぶつかったりと、行けなくて、残念ですが。一度、ジライヤの生菊をご覧下さいな!
若輩者のわたしにとって、LA MOSCAさんのホームページは、大変楽しく勉強になります。

投稿: ナカムラマミ | 2008年9月 1日 (月) 09時10分

>ナカムラマミ様
お~!
いぬん堂の掲示板によく書き込みなさってるあの方ですよね?
しばらく前にいぬんサンとこで、unionのバックのコトを書いた時にレスしてくれた事がありましたよね?
あの疑問、その後の調査で、どうも人気D.J.が使用してるらしい事が判明しました。
あっ、ご存知でしたか?知らないの俺だけだったりして(笑)
来てくれて嬉しかったです!
是非、また来てくださいね!

投稿: LA MOSCA | 2008年9月 1日 (月) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/23336538

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦を過ぎたサイコーの現役ヴォーカリスト:

« ルースターズとブランキー | トップページ | 本日、8月31日をもって »