« 奥行きの深い週末・夏の終わりに篇 | トップページ | ルースターズとブランキー »

2008年8月25日 (月)

ナカタツ、STALIN,GODの時代

Dscn2151 スターリンに居たのは実質3ヶ月くらいだけど、“ING,O!”や、“アリーナ37℃”に連載されてたミチロウのコーナー等で明らかなように、数々の伝説的な武勇伝を残してる。その大半はタツヤというより、一緒に加入した良次雄によるモノなので、それについては機会があればいづれ又。

そういや、ブランキーでデヴューした頃のJAPANのインタヴューで、スターリン時代の話が出た時「オレ、スターリン好きじゃなくてさぁ。ツアーで好き勝手、叩いて唄ってたらクビになった」とか言ってたな。ふたりが参加したこの『虫』ツアー、名古屋公演で、おそらく凱旋公演気分で悪乗りしたふたりのせいだと思うが、ライヴ後、あまりの出来のひどさにミチロウが楽屋に篭って悔し泣きしたって話もある。ミチロウを泣かすなよ!

あと、10年位前かな?“BURST”っちゅう雑誌でADKゆかりのミュージシャンによる座談会が掲載されてて、タツヤがスターリンに参加した頃、ウィラードの初代ベースが自殺しちゃって、「ミチロウが葬式出る為に『黒い服持ってない?』とか言ってたんだよ。お前、黒いがや!いつでも黒いっちゅうねん!」ってエピソードを披露してて、死ぬほど笑わせてもらった。この座談会、他にも面白すぎる話が満載のサイコーな記事だったので、未読な方は機会があったら是非読んでみて。

ゴッド時代はスターリンと違い、メディアに登場する機会もあまりなく、ライヴ観に行っても、他のメンバーの奇行(笑)というか印象が強すぎて、別にコレといったネタも俺は知らないんだけど、再脱退してブランキー加入した頃に、代々木チョコレートシティーにゴッド観に行った時、真後ろにウルセーのがいるなぁと振り向いたらタツヤ。ほろ酔いでスゲー、ご機嫌で野次飛ばしまくってた。NONがブランキーの曲、ちょろっと弾いて「コレだろ?」とか言うと「そう、それそれ!」とか嬉しそうに返してたっけ。で、タツヤの隣りで、真剣な顔して紙パックの牛乳飲んでたのがベンジー(笑)あまりにも対照的なふたり(笑)

タツヤはブランキー以降、メジャーな雑誌の取材でよくゴッドの話してたよね~。一体、読んでるヤツのどの位に伝わってたのかねぇ。でもホントに好きだったんだね、ゴッドが。

ライヴで遭遇と云えば、ピストルズの再結成来日を武道館に観に行った時も見かけたな。終演後、退場してた時、俺の少し前にカッコイイ背負子に赤子を乗せた厳つい墨だらけの男が、と思ったらタツヤ。会場出た所でファンに囲まれてたっけ。ミーハーで誰にでも話しかけてしまう俺も、タツヤには話しかけたコトないね。スゲエ、オーラ出てるし、なんか恐れ多くてね。

画像は、86~87年頃かな?当時はスタークラブか?ME-HERってミニコミの表紙。バカでサイコーだね(笑)

|
|

« 奥行きの深い週末・夏の終わりに篇 | トップページ | ルースターズとブランキー »

日本のパンク」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

>あまりの出来のひどさにミチロウが楽屋に篭って悔し泣きしたって話もある。

これどこまでが真実なんでしょうね。
興味深いです。

そういや虫のころは、じゃがたらの中村ていゆうもドラム叩いてましたよね。

投稿: マイト | 2008年8月26日 (火) 00時16分

>タツヤはブランキー以降、メジャーな雑誌の取材でよくゴッドの話してたよね~。一体、読んでるヤツのどの位に伝わってたのかねぇ。でもホントに好きだったんだね、ゴッドが。

そうだったのですか!!
ブランキー以降もゴッドの話していたのですね。やっぱりタツヤはGODが大好きだったんですね。

再脱退とか、同じ人の出入り多いのがGODの特徴というか、どんなやり取りでそうなるのかなーーと今でも不思議なのですが??
そういう点とあのフロント2人の奇行が
加わって、タツヤにとってある意味、一番素直に自分を出せるバンドだったのかもですね。

GODでもっと有名になってほしかったなー。っていつも勝手に思ってまーーす。(笑)

投稿: ちゅう吉 | 2008年8月26日 (火) 04時05分

>マイト様

このエピソードは、ザなしスターリンのビデオのライナーで、ミチロウ本人がコメントしてたんで、間違いない話だと思います。

ていゆうは『虫』のレコーディングに参加して、ツアー参加の要請も受けたけど、タムが抜け良次雄が加入する時「タツヤが一緒じゃないとヤダッ!」とゴネて、結局、じゃがたらに加入したそうです。


>ちゅう吉様

そうなんですよ!
タツヤはことあるごとにGODの話してたんすよ。

リョウのことは「最高のギタリスト&ヴォーカリスト&ロックンローラー&パンクロック・ジャンキー」、NONのことは「スタークラブ系の厳ついパンクが主流の時期に髪も立てず、POPな面も持った独特なヤツだった」と評してました。

あるミーハー雑誌のアンケートで“愛するもの”の答えが“GODの人々”となってたり。誰もわかんないって!って思ってました(笑)

投稿: LA MOSCA | 2008年8月26日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/23245249

この記事へのトラックバック一覧です: ナカタツ、STALIN,GODの時代:

« 奥行きの深い週末・夏の終わりに篇 | トップページ | ルースターズとブランキー »