« 憂いを含んだギタリスト | トップページ | きゃー!恥ずかしい!! »

2008年8月15日 (金)

本能で叩く比類なきドラマー

Dscn2099 いつか書こうと思いながら、思い入れ強すぎて途轍もなく長くなりそうなので、中々書けずにいた中村達也。

初めて知ったのはザ・スターリン参加の時。以降、GOD、マスターベーション、原爆オナニーズ、スタークラブ等々を渡り歩いた人気ドラマー(日本パンク界のコージー・パウエルか?)なのはご存知の通り。

イカした&イカれたキャラもあって当時から大好きだったけど、本当にスゲエなと思い始めたのはブランキー以降。というか、どこにいても持て余し気味だったタツヤが、やっと本領発揮できるピッタリなバンドに入れたなって気がしたな。

デヴュー時からスゲエと思ってたものの、タツヤだけじゃなくバンド全体が、紆余曲折ありつつも最後まで進化し続けたのが、ブランキーの凄かったところ。ライヴ映像たくさんあるけど、ホントの最後、2000年のフジロックの時のが一番テンション高くてスゲエもんね。

ブランキー解散後に加藤タカシ、Tokieを中心にスタートさせたロザリオスがまたカッコイイ。このバンドも試行錯誤しながら、段々固まってくのが見続けてると分かって、興奮させられた。これまたライヴ映像観てると、完成度では土屋昌巳、金子飛鳥をゲストに迎えた2003年の『オーロラが舞い狂う夜』ツアーの売りDVDがサイコー。より興奮させられるのは、タツヤのテンション上がり過ぎて暴走して加藤クンが怒っちゃってる、エルマロの會田茂一参加後、2005年の野音(TV放送モノ)

現在、ロザは休止中のようで、タツヤはモーサムトーンベンダーの百々和宏などとのJOY HEIGHTS、ブランキーの照井などとのTWIN TAILのふたつのユニットでアルバムをリリースしたばかり。共に注文中で着待ちの状態。それも早く聴きたくて楽しみなんだけど、またロザリオスで活動してくれるのにも期待しちゃうな。あとフリクションとTOUCH MEもね!

ブランキーは燃え尽きて終わった感があるけど、ロザはまだまだ次の展開がありそうだもんね~。

やっぱり長くなっちゃった!でも書ききれてないので(GOD時代の話とかね)いづれまた。

画像はOXYDOLL時代、高3のタツヤ。

|
|

« 憂いを含んだギタリスト | トップページ | きゃー!恥ずかしい!! »

日本のパンク」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

おーー、中村達也

僕も大好きです。

達也に関するラ・モスカさんの記事
読んでみたいと思っていたところでした。

そうですよね、ブランキーの頃は
すごいですよね。

GOD時代の話も待ってまーーす。


高3の頃からきまってますねーー。
タツヤは!

投稿: ちゅう吉 | 2008年8月17日 (日) 22時25分

>ちゅう吉様

達也、ずっと昔から見てきましたけど
ブランキー時代が一番だな!と思ってたら
解散後のいろんなユニットの方がスゴイかなと。
どんどん上手くなってるし。
元ブランキーの3人の中で、一番充実した活動してる
ような気がしますね。

投稿: LA MOSCA | 2008年8月18日 (月) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/23005242

この記事へのトラックバック一覧です: 本能で叩く比類なきドラマー:

« 憂いを含んだギタリスト | トップページ | きゃー!恥ずかしい!! »