最近のトラックバック

« 奥行きの深い週末・将軍サマ万歳!篇 | トップページ | 本物のロック・バンドは歌なんか唄うもんか »

2008年10月14日 (火)

愛し過ぎてごめんなさい⑥/ LOVE IS GOD

明けて90年。この年は、個人的に外せないライヴが沢山あって(ストーンズ初来日、チャボの『絵』を伴った渋公、リチャード・ヘルのまさかの来日泉谷withルーザーの日立公演花田裕之の初ソロ公演etc)“GODは安定した活動してるし、ヒマが出来たら、また行こう”と呑気にかまえてたんだけど・・・。

ある日、愛読してたシティーロードに“5月のライヴから、なんとNONが復帰した”と書いてありビックリ!いてもたってもいられなくなり、一番早い日程で、行ける7月東十条GIG HALLのワンマンにMクンと行く。

当時、流行ってたハンチング被ってグラサンして、ヨレたシャツに汚いジーンズ、ダサいズックを履いたNONが他のメンバーと一緒にフラ~っと登場。めちゃくちゃカッコイイ!ドリンクを足元に置き、「じゃぁ、始めようか」と言って演奏し出した「SUGER」、コレ一発でやられちゃったネ。前年後半の編成もとても良くて、ようやくNONの居ないGODに馴染んできてたけど、“やっぱり、これがGODダヨッ!”と思わされた。この日は「FLOWER」「SEX」「OVER ACTION」「ラセン階段」「台湾経由」「常識」など、『speaker to~』『I'm not a~』からバンバンやってくれて、最後は「山あり谷あり「CRY TIME OVER 」で閉めるサイコーのライヴだった。この後も、ルー・リード、RCの野音(取れなくてダフィー頼みに・・・)、エアロスミスなんかで、時間的にも金銭的にも行けずに、結局、この年のライヴはこの1回きり。

年の瀬に遂に出たのが、この『LOVE IS GOD』

Dscn2272このアルバム買った日のことは、よく憶えてる。当時、夜勤の仕事してて、その日も朝、家に帰り、夕方出勤前まで、実質、自由になるの6時間位しかなかったのに、往復2時間くらい掛けて、水戸のロック・ボトムまで買いに行ったんだよなぁ(勿論、発売日)スゴイ期待してたからね。

今聴くと、『speaker~』『I’m not』よりは落ちるかなぁと思うけど、最初はブッとんだ。最高傑作だと思ったもん。やっぱりNONのウタはスゲエ!って。考えたら、タツヤもいるし、久々にオリジナルの3人が揃ってんだよね、コレ。感慨深いね。

曲では、タメの効いたかっちょいいギターと無意味に長いダラダラしたエンディング(笑)がいかにもな「もどりみち」、東十条GIGでの印象も強烈だった、NONここにあり!のヘヴィーなファンク・チューン「SUGER」、“破れた服を着た女 周りのことなど何も気にせず ”って歌詞をハモるNON&リョウジオがサイコーなアコースティック・バラード「KEY」、お馴染みのロックン・ロール調ながら、スライドとちょっとズレ気味(笑)のカウベルがカワイイ「赤裸々RIDE ON ME」といったあたりがお気に入り。あっ、唯一、リョウが唄ってる「WAKE UP MY LITTLE FLOWER」もイイなぁ。ここでパティ・スミス持ってきたか!しかも子供たちに唄わせるとは!ってカンジ。「Give Peace A Chance」、「Power To The People」とかを思い浮かべちゃう程、カッコイイ。

年が明けて91年1月、代チョコでの発売記念GIGにMクンと行く。この時が、今まで観たGODのライヴで一番かな、トータルで考えて。リョウ、NON、チャーリーの基本メンバーの他、サイド・ギターに小幡ユージ、ドラムにハッコー(共に当時チャイルドってバンドに居た)がサポート。しかし!このハッコーが遅刻して大幅に開演遅れたんだよね~。小屋に到着して、客掻き分けて、そのままステージ上がって、演奏開始(笑)当時、湾岸戦争真っ只中で、全員ヘルメット被って登場。リョウの「戦争で亡くなったひとたちの為に黙祷!」の一声で、みんなで黙祷したんだけど、よく見りゃ、NON、マ●●ァナ咥えてた(笑)不謹慎だよね~。東十条GIGではリョウが唄い、NONは引っ込んでた「ドーデモイイゼ」「ドギマン」をNONが唄う。ソレがすげえカッコよかった。サスガ!東十条では、若干、影が薄かったリョウもバリバリに存在感あった。「なまけもの」のエンディングのブレイクで何かカッコイイこと言ったあと(忘れちまった・・・)、NONの肩を叩き「なぁ、兄弟!」って言ったのがカッコよかったなぁ。

この日、あまりにも良かったので、翌月の代チョコにも行き、そこで念願のふたりで唄う「ROCK'N ROLL I.D.」を聴けた!コレが名演だったんだ。この日も良くて、また、すぐにも観たかったんだけど、ジョニサンの最後の来日、麗蘭の1stツアー、ブランキーの初の水戸公演などがあり、次は6月の代チョコ・ワンマンへ・・・。

つづく

« 奥行きの深い週末・将軍サマ万歳!篇 | トップページ | 本物のロック・バンドは歌なんか唄うもんか »

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

90年のストーンズ初来日は僕も行きました。感動のあまり最初で泣いてしまって涙目で見てました(笑)

『LOVE IS GOD』で僕が好きな曲は「赤裸々RIDE ON ME」
と「SUGER」でーす。

>今聴くと、『speaker~』『I’m not ~』よりは落ちるかなぁと思うけど、最初はブッとんだ。最高傑作だと思ったもん。やっぱりNONのウタはスゲエ!って。考えたら、タツヤもいるし、久々にオリジナルの3人が揃ってんだよね、コレ。感慨深いね。


僕もそう思っていました。あと、いつも思うのですが、メンバーの出入りの多さは何なんでしょうか?(笑)

でも、ライブとか見ているとこの人達にはありえるのかも!!って思っていましたけど!!


まあ、不良の手本みたいな人達ですよね。(笑)

いつも、何やっても、「ちょいとたりないチンピラ」ですよね。GODの人達(笑)

そこが最高に魅力なんですけどね!!

>ちゅう吉様

やっぱり、ストーンズ初来は観ましたか!
興奮しましたよね~。

メンバーの出入りの多さね(笑)
細かい事情は分からないけど、確かに
そのルーズなカンジも魅力ですよね。

ブランキー時代のタツヤのインタヴューを読むと、『LOVE IS GOD』録音時、既にブランキーにも在籍してて、例のイカ天グランプリ直前にブランキー辞めてGODに専念しようとして、リョウに「今、タツヤが辞めたら、ブランキーはブランキーじゃなくなる」と言われ、踏みとどまったって言ってました。リョウくん、カッコイイ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/24500242

この記事へのトラックバック一覧です: 愛し過ぎてごめんなさい⑥/ LOVE IS GOD:

« 奥行きの深い週末・将軍サマ万歳!篇 | トップページ | 本物のロック・バンドは歌なんか唄うもんか »