« ヒロトとマーシー | トップページ | ROCK »

19年目の10月21日に

Dscn2292 19年前の今日、’89年10月21日。L.A.メモリアル・コロシアムでROLLING STONESをはじめて観た。

ミックとキースの確執、ソロ活動を経て、7年ぶりにツアーを再開したストーンズ。今となってはお笑い種だけど、(今度こそ来るって噂もあったが)日本には来ないかもしれない、そして今度が最後のツアーかもしれないと思い、ロック・ファンたる者、ストーンズを観ずに死ねない!ってことで観に行くことにした。(ジャンピング・ジャックスってトコのパック・ツアーに参加) 少しのブランクを経て、働き出したばかりの俺は金が無く、費用は親父に借金。理由を言ったら、ちょっぴり悲しそうな顔をしながらも貸してくれた。

カッペでダサダサの俺は、当然、この道中で恥をかきまくる。全部書いてると果てしない量になるので少しだけ。

旅行なんてしたことなくて、旅アイテムも持ってなく、揃える予算もなかったので、パンツとTシャツと靴下だけ積めた、昔、東倫で買った、ユニオン・ジャックのフラッグの付いたショルダー・バッグひとつで出かける。勿論、ツアー参加者で、そんなのは俺だけ。

元々、気が小さくてビビり屋の俺。飛行機初体験に極度に緊張してたら、事前に資料によく目を通してなくて、搭乗する時になって、はじめて、あの大●航空の飛行機に乗ることを知り、軽い目眩。何事もなく無事に着いたけどネ。

ホテル到着して、旅行会社の人がチェック・インの手続きしてるのをロビーで待ってると、ひとりの地元の少女(推定年齢16歳)が、こっちをじ~っと見てる。他のツアー参加者も勿論、居たけど、俺が一番手前に居た。“頼むから話しかけないでくれ~”と思ってたのに、やっぱりきた。「何たらかんたらローリング・ストーンズ・ショウ?」“ストーンズ観に来たのか?って聞いてんだよな”と理解し、それ以上、話さないで!って気持ちで、目線を合わせずに「イ、イエス・・・」と返すのが精一杯だった。

“安全性と利便性考えると海外旅行はトラベラーズ・チェックがイイですよ”と誰かに言われてその気になって、持ち金の殆どをソレにしてしまい、現地着いてから、会場でグッズ買うのには使えないことを知り、宿泊したホテルの近くの銀行に行き換金したり。なかなか話が通じなくて苦労する。

肝心のライヴ。ロス4公演の内、21日、22日の後半2公演を観た。(22日はオプションで、参加者の中には観ないで、もうひとつのオプションで、ディズニーランド行ったひとも居た)1日目に雨が降ったのは以前も書いたとおり

前座が当時大人気のリビング・カラー、そしてロスのみのスペシャル・ゲストがガンズ&ローゼズ。ガンズはこの時が、オリジナルメンバー最後のライヴだったんじゃなかったかな。21日にはアクセルが、ドラッグ漬けの他のメンバーを批判し、「今日でガンズは終わりだ!」と言ったらしい。全然気がつかなかった(笑) 気を取り直して次の日も出たけどね。22日には、最後の『パラダイス・シティー』で、アクセルがステージを降りて、ロス五輪会場でもあったコロシアムのトラックを一周する。当然、前の方の客がアクセルを追って走り出し、真ん中あたりにいた俺はビビッて逃げ出したくなる。大丈夫だったけど、あんなデケー、アメリカ人の大群にもみくちゃにされたら死んじまうよ。

で、ストーンズね。最初の日は、S.E.の『コンチネンタル・ドリフト』が終わり、花火の後、『スタート・ミー・アップ』が始まったトコで頭真っ白。気がついたら、本編最後の『J.J.F.』だったってカンジ。あっ、ただ5曲目の『ダイスをころがせ』のイントロでじわっと来て鳥肌たったのは憶えてる。“あ~、俺、ストーンズ観てんだなぁ”って。二日目は、少しだけ冷静になり、“スゲエ、ステージ・セットだなぁ”と思ったり、『アンダー・カヴァー・オブ・ザ・ナイト』が照明の仕掛けも含めてスゲエ、カッコよかったのや、『2000光年の彼方に』~『悪魔を憐れむ歌』の流れがサイコーなのに気付いたり。あと、アレだね、『無情の世界』の大合唱や、ラストの、ワビサビもクソも無く、バンバン打ち上げられる花火(映画『レッツ・スペンド~』で観たベロ回転花火もあった)は、日本じゃ絶対味わえないだろうね。

ツアー参加者って、20~30人位居たんだっけな。いかにもなストーンズ狂(ブート何百枚持ってる的な)、半分観光みたいな若い娘、ガンズ、エアロなど、当時バッド・ボーイ系と呼ばれたバンドが好きなヤツ、俺みたいなウンチク大好きなロック・おたくなど、いろんな連中が居て面白かったな。みんな未だストーンズ聴いてるかな?同い年なのに、俺のことを●●サンと呼び、敬語で話してた(俺は●●クンでタメグチ。偉そうでサイテーだよね)Uクン、元気かなぁ。君に送ってもらった二日目の隠密テープ、未だに聴いてるよ!

|
|

« ヒロトとマーシー | トップページ | ROCK »

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

ラ・モスカさんはアメリカ行って『ROLLING STONES』 観ているんですもんね。凄いなーー。

>日本には来ないかもしれない、そして今度が最後のツアーかもしれないと思い

そうですよね。当時はこんな風に僕も思いました。僕も海外に観に行こうかと思ったけどなんだか度胸無くて実行はしなかった!(笑)ラ・モスカさん行動したんですもんね。やっぱり凄い!

ストーンズ好きな人が20~30人集まって行動を共にするのも興味ありますねーー。面白そうですね。色んな人がいて!でも皆がストーンズ好きで!

投稿: ちゅう吉 | 2008年10月22日 (水) 14時14分

>ちゅう吉様

いや、俺も度胸無しのなかなか行動できないヤツなんだけど、この時はムシャクシャして吹っ切ってしまいたいコトもあったので・・・。そう、女性問題です(笑)

ツアー参加者、盛り上がって楽しそうな人たちも居たんですが、俺は持ち前の暗さと天邪鬼さであまり仲良くできた人居ませんでした。ライヴ二日目に隣りだった女の子が「一緒に前行っちゃおうよ!」って言って俺を引っ張って連れてってくれたり(セキュリティーに連れ戻されたけど)したのに、その後全然話しかけなかったり、最終日のオフ日に別の子に「一緒にショッピング行きませんか?」って言われたの断っちゃったり。今、思い出して後悔してます(笑)

投稿: LA MOSCA | 2008年10月22日 (水) 20時38分

わたしはこの頃・・・
またTBさせてもらいました!

投稿: 湯侍 | 2008年10月26日 (日) 17時50分

>湯侍様

度々のTB、ありがとうございます!
この記事、実は以前、読ませていただいてました。
ホント、湯侍サンの身内や周りの方って良い方というか、面白い方が多いですね。
湯侍サンの書き方も良いから印象的なんでしょうけどね。

投稿: LA MOSCA | 2008年10月26日 (日) 20時02分

ストーンズを見るために海外とはこれぞまさにロック野郎!
僕には到底まねできないです。
すばらしい!

投稿: マイト | 2008年10月29日 (水) 02時03分

>マイト様

俺ももう二度と出来ないと思います(笑)

投稿: LA MOSCA | 2008年10月30日 (木) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/24653952

この記事へのトラックバック一覧です: 19年目の10月21日に:

» 89年の狂騒とストーンズツアーT [鼻からちょうちん]
中学の物理教師が、原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅で 原爆を作り ”試合終了までのプロ野球ナイター中継放送” と ”ローリング・ストーンズ日本公演” を要求 日本政府を脅迫した これは「太陽を盗んだ男」という映画の中の話なわけだが 実..... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 17時48分

« ヒロトとマーシー | トップページ | ROCK »