« 愛し過ぎてごめんなさい①/THE GOD early days | トップページ | 愛し過ぎてごめんなさい③/Ⅰ'm not a soldier »

愛し過ぎてごめんなさい②/speaker to animals

Dscn2236 そうこうしてるうちに、当時、人気絶頂だったウィラードの1stフル・アルバムを皮切りにスタートしたキャプテン・レコードから(第2弾リリースとかだったかな?)1stフル・アルバム『speaker to animals』がリリースされる。

正直、これ以前の作品聴いたカンジだと、お気に入りのバンドのひとつって範疇だったけど、コレでホントにブッとんじゃってさ。“こりゃ、スゲエ!こいつら本物だわ”って。

85年3月のラ・ママ(前回紹介したソノシートはこの時のライヴだったと思う)を最後にタツヤと2代目ベースのマサが抜けて、しばしの充電期間を経て5人組となって復活。はっきり言って、ここで断然グレード・アップしたなってのが、俺の印象。いや、昨日、書いたように、初期は初期のよさは勿論あるけどね。

このアルバムは俺にとって、あまりにもスペシャルなんで、ライナーノート風に全曲解説をしようかな(一度、やってみたかったんだよね~)

SIDE C  (ちなみにこの作品、A、B面じゃなくC、D面表記)

1「Band Aids」

良次生作詞・作曲。深くリヴァーヴのかかったリョウのギターが強烈な曲。ほぼ英語による短い歌詞の繰り返しは、このアルバムのリリースの年に、あのLIVE AIDがあったことを頭にいれて聴くと、意外に深いかも。最後に出てくるストーンズ「BITCH」のフレーズが堂々としててイイなぁ。

2「Radicabilly Man」

NON作詞・良次生作曲。新ドラマー、中村清(元JUNGLES!)の重いドラム&パーカッションに絡むアコギが心地良い曲。エンディングでカコカコいってるリード・ギターもサイコー。

3「SEX(company union)」

NON作詞・良次生作曲。アルバムにほぼ必ず1曲入るチャック・ベリー・タイプの軽快なロックン・ロール。後半のブレイクがスリリングでカッコイイ。“権利主張、義務果たさない”って歌詞は、RCの「ブルドッグ」の“権利は無視され、義務は押し付けられ”を参考にしてると思うな、多分。前の年のファンジンのインタヴューで、NONはRC好きだって言ってたし。

4「ブルぶる」

良次生作詞・作曲。ブルージーな長尺曲。“鉄の塊と500の人が空から落ちた”というのは、この年に起きた日航ジャンボ機墜落事件のこと。途中に出てくるリョウのリード・ヴォーカルのパートがイイね~。

5「Gestalt Onapet Doops」

良次生作詞・作曲。『GET DOWN~』収録の「TOP IS MINE」をスロー・テンポにして、リョウが歌詞を書き変えたヴァージョン。エッチでカワイイこの歌詞をNONが唄ってるのがイイんだよね~。サイコーのラヴ・ソングだと思う。

SIDE D

1「STOCKING YOU」

NON&良次生作詞・良次生作曲。GODの曲の中でも5本の指に入る位、好きな曲。イカレた歌詞、メランコリックなギター・ソロ、最後に出てくるリョウのリード・ヴォーカル、全てがサイコー!

2「OVER ACTION」

NON作詞・良次生作曲。この後、多くなるファンキーなタイプの曲。重いビート、最後のギターが「白鳥の湖」を意味もなく弾くとこが大好き。

3「Zen:Bu」

良次生作詞・作曲。原爆時代の曲らしいね。スライド・ギター(西脇かな?)がカッコイイ。しかしスゲエ歌詞だね。

4「FLOWER」

NON作詞・作曲。間違いなくNONの最高傑作。サイコ・トリッピンってカンジな西脇のギター・ソロ、真骨頂なNONのジャンキーな唄。コレは3本の指に入るかな。

5「反核異論」

良次生作詞・作曲。5と同じ曲に違う歌詞を乗せて、古いレコード風にノイズを入れてノスタルジックな雰囲気。

以上、長々とお付き合いいただき、ありがとうございます!

このアルバム、曲が粒ぞろいなのは勿論、構成も考えられてて、トータルで見て最高傑作かも知れない。現在、廃盤だと思うけど、聴いたことないひと、機会があったら是非、騙されたと思って聴いてみて。ホントにサイコーだから!

つづく

Dscn2237

|
|

« 愛し過ぎてごめんなさい①/THE GOD early days | トップページ | 愛し過ぎてごめんなさい③/Ⅰ'm not a soldier »

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。もうビシビシ、バシバシ書いちゃって下さい。まだ続きかいてくれますよね? そういえば、GODのリョージオのブログに、 [SPEAKER TO SOLDER BOX] 「LOVE IS ROCKS BOX」が来年出るって書いてあったけど、ホントかな?一枚づつ出してくれた方が良いようなきもするんだけど、どう思います?

投稿: NON BOY | 2008年10月 3日 (金) 21時29分

素晴らしいライナーです。

すぐに『speaker to animals』聴きながら読みました。

実は、この音源も一度手放していたのですが数年前に仙台中のレコード・CD店に電話したり直接行ったりして、新古版というのでしょか!未開封のCDを手に入れられました。

電話で在庫あると聞いた瞬間、応対してくれたお店の女の子に『ちゅう吉といいますので
僕が行くまでに他の人が来ても絶対に
売らないでくださいね』とお願いした思い出があります。その娘曰く、『まず売れないと思いますけどーーーー』って言ってましたけど・・・(笑)そして僕は、いやーそうでもないよーと意味の分からない返事した覚えあります。

1曲目の『Band Aids』
誰も人の不幸なんか望んでないけど
ロックバンドがやるんなら、やり方
あるんじゃないみたいな!!


嘘っぽい事を怪訝に思い、歌にするのも
僕がGODを好きな理由です。

投稿: ちゅう吉 | 2008年10月 3日 (金) 22時15分

>NON BOY 様

あ~!お久しぶりです!
あっ、“つづく”って入れるの忘れました!
入れときますね。勿論、まだまだ続きます!

「SPEAKER TO SOLDIER」
「LOVE IS ROCKS」
少し前にそんなこと書いてありましたね。
GOD’S HOMEのBBSの最新書き込みによると、来年頭って言ってますけど、リョウの話ですからね(笑)まぁ、いつかは出るんでしょう。気長に待ちましょう。
俺は出してくれるんなら、バラでもセットでもどっちでもイイです!


>ちゅう吉様

≫大好きすぎてごめんなさい
URLなくても、すぐに、ちゅう吉さんだと分かりましたよ(笑)

≫その娘曰く、『まず売れないと思いますけどーーーー』
失礼な娘だな!(笑)
まぁ、そうだろうけどさ(笑)
それだけ、どうしても欲しいっ!って情熱を察しろよ!と言いたいですね。
昔、俺もネット買いしてない頃は色んなレコ屋で、ちゅう吉さんのようなコト、よくしてましたね。店員のやる気ない対応に、いちいちキレたりしてね(笑)


投稿: LA MOSCA | 2008年10月 4日 (土) 20時23分

インディーズ時代の一枚でしたっけ?メジャーの前の作品でかなりレベル高かったのは覚えてるけど…、もちっと後のウィラードからしか知らないけど、独自の雰囲気で個性的でしたねぇ。

投稿: フレ | 2008年10月 4日 (土) 21時12分

>フレ様

えーっと、コレはウィラードの話ですよね?
一応、記事はGODなんです(笑)
ウィラードも(この頃までは)好きですが。
確かに個性的でしたね。

投稿: LA MOSCA | 2008年10月 5日 (日) 20時40分

はじめまして。
フールズ、GODで一人で盛り上がっていたらココにたどり着きました。
このアルバムが僕も初めてのGOD体験。
たしかレコ初のライブがロフトであったような??
おまけのソノシート(確かフード)も懐かしい!

それにしてもさっきからリョージオのブログを探しているんだけど、見つからないです!

投稿: テツロック | 2009年1月27日 (火) 22時35分

>テツロック様

はじめまして!
GOD好きな方が来てくださって嬉しい!
今後もよろしくお願いします!

お~!あのロフト観てるんですか?
宝島etcで記事を見て妄想してた日々が懐かしい・・・。
憶えてる限りで結構なんで、詳しく教えて戴きたいです!

リョウジオのブログ、リニューアルの為、停止中のようです。

投稿: LA MOSCA | 2009年1月28日 (水) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/24233050

この記事へのトラックバック一覧です: 愛し過ぎてごめんなさい②/speaker to animals:

« 愛し過ぎてごめんなさい①/THE GOD early days | トップページ | 愛し過ぎてごめんなさい③/Ⅰ'm not a soldier »