« 28年目の12月8日に | トップページ | KICK DOWN THE DOORS »

READY STEADY GO

Dscn2408 昨日、ジョンの記事を書いて、スゲー久しぶりに思い出したコレを聴いてる。俺の持ってるアメリカ盤は1曲目にジョンの「GIMME SOME TRUTH」やってんだよね。若々しくてカッコイイんだ、コレが。

国内盤も聴いたけど、この曲はじめ、シングルのみの「YOUR GENERATION」(サイコー!一番好きな曲)、「WILD YOUTH」(コレもサイコー!)なんかが収録されてない。替わりに米盤に入ってない曲、3曲入ってるけどね。英盤も日本盤と同じだったかな?

ジェネレーションってカッコいいバンドだったな。ビリー・アイドルもいいけど、アイドルと一緒にほぼ全ての曲を書いてるベースのトニー・ジェームス(元ロンドンS.S.!)ってのがまた、カッコよくてさ。

この後、2枚アルバム出てるけど(3rdはメンバーチェンジ後でGENE‐Ⅹ名義)、やっぱりこの1stが一番いい。

とはいうものの、2ndは「KING ROCKER」「RUNNING WITH THE BOSS SOUND」があるから許す。3rdには「DANCING WITH MYSELF」があるから大々的に許す。

2ndの後くらいに来日してるよね。確か、東横劇場。勿論、行ってないけど。前に雑誌でWILLARDのJUNが「メンバー同士がステージ上でケンカしててパンクだった(笑)」と言ってたな。

その後のビリー・アイドルのソロや、トニー・ジェームスのジグジグスパトニックはどうかな?ってカンジだったけど、この1stは問答無用にいいね。

|
|

« 28年目の12月8日に | トップページ | KICK DOWN THE DOORS »

PUNK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/26057896

この記事へのトラックバック一覧です: READY STEADY GO:

« 28年目の12月8日に | トップページ | KICK DOWN THE DOORS »