« 生きる化石 | トップページ | クリスマスの夜 LA MOSCA家の場合 »

誰もが心の中で歌を歌ってる

Dscn2472 少し前に思い出し、聴こう聴こうと思ってたコレ。

伝説のバンド、ジャックスの早川義夫が20余年の時を経て、94年にリリースしたアルバム。

君とはじめて 出会った時 同じ匂い感じ

僕はたまらなく 君を好きに なってしまった

君も僕のこと 好きだよね

君のすべて いとおしくて かたときも忘れない

君のために歌を歌おう 僕のそばにいて欲しいな

君のために歌を歌おう 僕だけを愛して欲しい

― 「君のために」 ―

こんな中学生が書いたラヴレターのような歌詞が、何でこんなに胸に迫ってくるんだろう?シンプルながら印象的なメロディー?凄腕のメンツによる音?(最後の梅津さんのサックス・ソロ!)アクが強く、絶対万人受けしないだろう早川の声と唄い方?最初に聴いた時から14年も経ってるのに、未だに分からない。

最初にこのアルバム聴いた頃は、20余年の間、沈黙してたことや、再び唄いだしたことなんかを唄ったと思われる「この世で一番キレイなもの」「いつか」といった曲が気に入ってたけど、今、聴くとこういうシンプルなラヴ・ソングがグッとくるな。

もう1曲、歌詞を。

誰よりも君を僕は好きだった

磁石になりたいと君も言ってくれたね

ふたりで過ごした楽しい思いは

僕らの心にやきついている

好きになればなるほど悲しみがつきまとい

大きな愛で君を包むこと出来なかった

白い花びらが空から降ってくる

もう君の声と可愛い仕草も

みんな僕の前から消えてゆくんだね

雪が降ってきたクリスマスの夜に

ふたりで手をつないで歩きたかった

もし君と一緒に空を飛べたなら

どんなに素晴らしい日々が僕らを駆け巡るだろう

愛する勇気を持ち続けていようね

― 「雪」 ―

このアルバムの時、早川義夫は既に47歳。

何でこんなに瑞々しく唄えるんだ?

スゲー!

|

« 生きる化石 | トップページ | クリスマスの夜 LA MOSCA家の場合 »

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

「キレイと思う心がキレイなんだよ」って偉そうに娘に言った事があります。

投稿: P | 2008年12月23日 (火) 22時21分

>P様

お~!カッコイイ!お父さんっぽい!
負けないように頑張ろう。
いや、無理だ・・・(笑)

投稿: LA MOSCA | 2008年12月24日 (水) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/26433978

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もが心の中で歌を歌ってる:

« 生きる化石 | トップページ | クリスマスの夜 LA MOSCA家の場合 »