« ずっと真剣勝負だったブランキー | トップページ | 奥行きの深い週末/「悲しみの歌」篇 »

奥行きの深い平日休暇/CD→ウォークマン録音しまくり篇

Dscn2590 こないだの土日に出勤したので今日は代休。先週に続いての金曜日休暇。

ここ何日かの気分で、昨夜は遅くまで、呑みながらブランキーを聴きまくる。耳も良くなったんで、ヘッド・フォンを使用。分かってはいるけど、序々に音を大きくしてしまう。バカだね、ホントに。

ブランキーのアルバムで好きなのは、最初の大飛躍だと思う『C.B.Jim』、中期の叙情性にプラス、ワイルドさも戻ってきた『SKUNK』、ラストの『HARLEM JETS』といったあたり。

『SKUNK』に収録の「斜陽」って曲が昔から大好きだ。

♪くちびるに映る その景色の中で 見かけた

舞い上がる鳥の瞳が濡れていたことを

おまえに囁いた その時 初めて気づいた

どれほど自然に 誰かを愛しても

どれほど真剣に誰かを愛しても

僕たちは永遠に一人きりだということに

最後まで

これに続くサビが

♪そしておまえの愛を感じたい

太陽が傾いて この部屋がゆっくり

あたたかなオレンジ色に染まってゆく

その中で♪

だもんなぁ。スゲーよなぁ、ベンジーの言葉は。

ついでにもう1曲。

♪生きてる時と死んでる時が

実はそんなに変わらないことだとしたら

Baby それとももっとよかったりして

噴水とびあがった水 

落ちてしまうまで短いと感じるのか

それとも長いって感じるのか♪

「SALINGER」 ―『HARLEM JETS』より―

間違いなくベンジーは日本の生んだ最高の詩人のひとりだな。

Dscn2602 つう訳で、今日は盛り上がって、ウォークマンにブランキーの曲を突っ込みまくる。思い起こせばカセットの時代から、ブランキーはウォークマンでの登場回数が多いな。ノリ過ぎて、ギラギラした気持ちになって、ムカつくヤツらにケンカ売らないように気をつけよう。100%やられるから(笑)

既に入れてあった斉藤和義の『Collection "B" 1993~2007』も、曲数多すぎるんで、1枚のCD-Rにまとめたのを入れなおす。ちなみに曲目は

01.アゲハ

02.ジレンマ

03.古いラジカセ

04.彼女

05.歩いて帰ろう

06.無意識と意識の間で

07.傘がない

08.モンロー・ウォーク

09.I’M YOUR MAN

10.Come on Quine

11.Little Painter Ragtime Blues

12.赤いヒマワリ

13.彼女は言った

14.君は僕のなにを好きになったんだろう

15.愛の讃歌

16.ウェディング・ソング

こんなモンでどうですか?RHJCサン。まだまだ甘いでしょうか?(笑)

このB面集みたいなアルバムで初めて聴いた曲、多いね。「Come on Quine」も曲の存在は知ってたけど、初聴き。♪サノバビッチなルー♪って(笑) そのクワインがオリジナルでも弾いてるリチャード・ヘルの「I’M YOUR MAN」のカヴァーもいいなぁ。本家に弾かせて日本語でカヴァーとは!まるでオリジナルみたいに聴こえるし。「ジレンマ」のアコースティック・ライヴ・ヴァージョンもグッときた。いい曲はどうアレンジしてもOKなんだね。『歌うたい』より、こっちのアルバムの方が断然いいな。

さて、夜は「絶望という名の地下鉄」聴いて思い出した『ザ・ウォーリアーズ』のビデオでも観ようかな。

|
|

« ずっと真剣勝負だったブランキー | トップページ | 奥行きの深い週末/「悲しみの歌」篇 »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

はい、異論はないです(・∀・)

…欲を言えば、斎藤さんには珍しい曲調の『虹』追加をリクエスト(笑)


『斜陽』@太宰治
『ライ麦畑でつかまえて』@サリンジャー

なことから…
モスカさん、ブランキーに関してはあえて文学に関わる選曲をなさった(・・?)
浅井さん、あの辺を読むのでしょうか?


※前記事、コメ返でのお気遣いありがとうございますm(_ _)m


私は好きな方々に嫌われると、
この世の終わりくらい悲しいけれど…
自分が関心のない方からの言葉は何とも思わないから大丈夫です◎


ただ、文句があるなら直接うちに来て頂きたい(>_<)慇懃無礼に流すから。

人様のブログを殺伐とした雰囲気にしてはいけない!

投稿: RED HOT JET CITY | 2009年1月23日 (金) 19時26分

>RED HOT JET CITY 様

異論ないですか?
「虹」ね、一応、『"B"』収録曲に限ったのでお許しを(笑)
コメント催促にお付き合い頂きありがとうございました!

「斜陽」「SALINGER」偶然です(笑)
さすがに、どっちもガキの頃に読んで感銘を受けたけど、さっぱり憶えてません(笑)
ベンジー、「斜陽」に関しては、太宰に言及してたような記憶が。

俺、以前にいぬん堂ってトコの掲示板に出入りしてて、そこで何か間違えたこと書いたら、2chでボロクソ言われてんの発見しちゃってさ。
あまりいい気持ちはしなかったけど、気にしてもしょうがねえや、って思うことにしました。

今回、確かにちゅう吉サンが可哀想だったよね。
困っちゃうよね~。
俺、RHJCサンもちゅう吉サンも大好きだから、余計なお世話だけど、言わせてもらいました!

投稿: LA MOSCA | 2009年1月23日 (金) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/27398850

この記事へのトラックバック一覧です: 奥行きの深い平日休暇/CD→ウォークマン録音しまくり篇:

« ずっと真剣勝負だったブランキー | トップページ | 奥行きの深い週末/「悲しみの歌」篇 »