« ベースのKIMとドラムのKIYOSHI | トップページ | ずっと真剣勝負だったブランキー »

ホントに9年も経ったのか?

Dscn2576 昨夜はコレを読んでいた。

ミュージック・マガジン、BLANKEY JET CITY が表紙&特集の最新号。

何故、今?と思ってたら、レア・トラックス集と未発表のライヴ、2枚のアルバムが出たんだね。

ブランキーが解散して、この夏で9年かぁ。早いな~、月日が経つのは。ブランキーに受けた傷が、未だ生々しく感じるので、そんなに経ったとは思えないな。

02年のフジ・ロックでJUDE観たとき、解散後(その前からやってたソロ・ユニットでも)一切、やってなかったブランキーの曲をガンガン演奏してて、「ガソリン~」とかで馬鹿ノリしてる連中を目の当たりにして、思いっきりしらけたことがあった。確かに、曲を作り、唄って、唯一のメロディー楽器のギターを弾いてたのはベンジーだ。でも、メンバーの3人、誰もが交換不可能で、この3人でしかありえなかったのがブランキーだと思ってたからさ。“お前ら、曲を聴ければ、どんな演奏でもいいのかよっ!”って言ってやりたかった。ちなみに(その時点での)JUDEの二人(特に池畑)は素晴らしいプレイヤーだとは思う。でも、ブランキーの曲を最適に演奏できるのはこの二人じゃないもんね。

マガジンの記事中で、何人かのライターが再結成の可能性について言及してるけど、ファンの見えるトコで、最後まで成長というか進化し続けて燃え尽きたバンド、ってのが俺の印象なんで、3人全員が本気でやりたいと思わないのであればやってほしくないな。つっても、やれば当然、観に行きたいけどね(笑)

ていうか!

その後のメンバーの動向、みたいなトコ読んでたら、FRICTIONが3月にニュー・アルバム予定してるらしい。

ホントか?出してくれないかな~とは思ってたが、(何となく)出ないような気もしてたんで、ビックリしたよ。スゲー楽しみだ。

|

« ベースのKIMとドラムのKIYOSHI | トップページ | ずっと真剣勝負だったブランキー »

日本のパンク」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ありゃ、カブりましたね(笑)
ブランキーは最初から観てましたから思い入れも強いんすよ。
再結成は俺も同意見です。
中途半端な感じならして欲しくないですね。

投稿: おーや | 2009年1月21日 (水) 21時33分

>おーや様

ですよね?
おーやサンが同じように思ってる!と熱くなって昨日の続きを書いてしまいました!(笑)

投稿: LA MOSCA | 2009年1月22日 (木) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/27350414

この記事へのトラックバック一覧です: ホントに9年も経ったのか?:

« ベースのKIMとドラムのKIYOSHI | トップページ | ずっと真剣勝負だったブランキー »