最近のトラックバック

« こういうの大好き | トップページ | 奥行きの深い週末/充実の連休篇 »

2009年2月21日 (土)

57年目の2月21日に

Dscn2669 昨日の記事でちょっと触れた、マーシーこと真島昌利、昨日、誕生日だったんだね。47かぁ。

で、今日はストラングラーズのジャン・ジャック・バーネル(以下JJ)の57歳の誕生日。

前にも書いたけど、ストラングラーズって、パンク初期、日本の(メジャーな)メディアでの露出、スゲー高かったんだよね。やっぱりJJの三島好きと極真空手の影響ってあったのかな?田舎モンの中学生だった俺も、MUSIC LIFE、Jam、音楽専科、Rockin’On、ヤングジョッキー等で見聞きして、ハマったなぁ。

ガキだったんで、過激な行動や言動に興奮して影響も受けたな~。JJがインタヴュアー殴ったとか、ヒューがステージで下半身露出したとか、例の初来日の「サムシング・ベター・チェンジ」3回連続演奏した話とかね。

おーやサンあたりに怒られちゃうかもしれないけど、90年のヒュー最後の『10』以降の作品は聴いてない。やっぱり、このバンドはオリジナルの4人が必要不可欠って思ってたから。ヒューの脱退はガッカリだったからなぁ。

『10』の最後の曲、JJの唄う「ネヴァー・トゥ・ルック・バック」、俺の持ってる盤には訳詩が付いてないから、合ってるかどうか自信がないけど

決して振り返らないってことは簡単なことじゃない

昔は黒いシャツを持ってたが

今は一枚もない

でも俺は決して振り返らない

とか唄ってるみたいだ。昔、自らをMENINBLACK(黒装束の男)と言った、あのJJが、だ。哀愁を帯びたメロディーに、少し疲れた歌声。

カッケー!

Dscn2670 初期の攻撃的なのだけじゃなく、『レイヴン』以降も好きは好きなんだけど、そうは言っても1枚つったら、やっぱりコレかなぁ。当時、受けた衝撃は凄かったもんな~。尋常じゃない程アタックの強いJJのベースは、今、聴いてもカッコイイ。

そういえば、TKサンのトコで知ったんだけど、最近、再始動したLIZARDのドラム、ARBのキースなんだね。ちょっと意外な気がしたけど、考えたらJJ繋がり(JJとキースは極真仲間。LIZARDの1stのプロデュースはJJ)だったりして。

« こういうの大好き | トップページ | 奥行きの深い週末/充実の連休篇 »

PUNK」カテゴリの記事

コメント

いえいえ、怒ったりしないっすよ(笑)
でも最近の二作の充実はホント凄いっすよ!
俺もアルバムでは『ブラック&ホワイト』と『レイブン』が一番良く聴きますね。

>おーや様

怒られなくてよかった(笑)
確か、ヒューが抜けた後、Vo、Gで二人入ってまた抜けて
今はVo&G両方担当する一人が入ってるんですよね。
やっぱり『黒&白』は名盤ですよね~。
『レイヴン』も何かイイっすよね!

最近のは昔に回帰した感じでいいですよ、ヒューの最近のライブの方がむしろ厳しいかも。


キースとジャンはおっしゃるとおりの関係です。


俺なんか的には、ステージの上から唯一こちらに来てくれたのがストラだと思ってます。


ジャンがリザード手掛け、ヒューがエスケンやるって話もあったんですよ。

あとヒューはデビュー前のポップグループに接近してプロデュース目論んでます。

そこらの情報ソースはモモヨさんですが。

>TK様

ARBのベースをヘルプでやった、なんてこともありましたね。
後輩が五烈かなんかで観てきて「何か外人がベース弾いてた」とか言ってて「バカ!お前、アレはなぁ」と言い返した何てこともあったなぁ。

ヒューがS-KENやるって話もあったとは知りませんでした。
やったらどうなってたでしょうね~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/28276057

この記事へのトラックバック一覧です: 57年目の2月21日に:

« こういうの大好き | トップページ | 奥行きの深い週末/充実の連休篇 »