最近のトラックバック

« 悲しき性(さが) | トップページ | 彼が彼を知ってる 彼も彼を知ってる »

2009年5月22日 (金)

漆黒のPUNK

Dscn2979 人のブログ読んで、結構、影響受けるというか、“お~、そうそうアレ良かったっけなぁ”とか“良さそうだな、コレ聴いてみたいなぁ”と思うことがあるんだけど、今夜は先日、おーやさんの『OUTSIDER』に関する記事で久々に思い出したコレ。

今、聴いてもカッコイイな~。

俺、実は当時の日本の自主制作パンクのレコードってあまり買ってない。カセット・コピーはそれなりに持ってるけど。しかも、15年くらい前だったかなぁ。金に困ってた時に、その数少ない手持ちのレコード、まとめて売っちゃったんだよな。今はとても後悔してんだけど。

そんな中、手元に残したうちのひとつが、このマスターベーション。ライヴは観たことないけど、大好きだったなぁ。なんか、スターリン直系みたいな雰囲気も感じてたね。もっと言うなら、STOOGESの「I WANNA BE YOUR DOG」の世界観というか。漆黒のパンク。

Dscn2980最初の画像にある2枚の他に「死顔」って2曲入りのソノシートがあって、それはカセット・コピーしか持ってなくて。それが一番好きで、盤で欲しいなぁ、ってずっと思ってたら、10年前に、ex.奇形児、GISMのヒロシマ氏が立ち上げたOKレコードの第一弾として、この3枚に83年のライヴ・テイク3曲追加して復刻されて嬉しかったっけなぁ。

Dscn2977 中心人物の卑龍が、マスベ解散以降にやってたTRANSFORMERのミニLP。コレも良いっていうか、ひょっとすると、マスベより好きかもしれない。マスベの途中から一緒のタツシ(ex.奇形児)のゴリゴリしたベースと同じくex.奇形児のヒロシの流麗なギターがカッコイイし、曲のクォリティーも高くて最高の1枚だと思う。

すぐ消滅しちゃったみたいだけど、もうちょっと続いてほしかったバンドだな。

あっ、昨年だっけ?卑龍がライヴ再開したの。スパーキング・ランブラーとかいうバンド。卑龍の地元、京都でミチロウ、花田裕之と対バンしたって、いぬん堂の掲示板で読んだような・・・。まだ続いてるのかな?是非、音源リリースとかもしてほしいところ。

« 悲しき性(さが) | トップページ | 彼が彼を知ってる 彼も彼を知ってる »

日本のパンク」カテゴリの記事

コメント

マスベはイイっすよね!
ドロドロって感じが本当に日本でしかありえんバンドでした。

こんにちは!

これはまた、全てが貴重な音源ばかりで
すね。
マスベがCDになっているの初めて見ました。

LA MOSCAさんのお宅も僕に
とってはお宝だらけなんでしょうね。
凄すぎです!!

マスターベーションは友達からチフスとかと同時に
聴かせてもらった記憶がありますが、どんな曲だか
まではっきり覚えていない様な感じです。

僕もそこそこではありますが、80年代の日本の自主制作パンクのレコードは持っていたんですよねー。でも処分してしまって・・・(泣)

現在は、どんな音源も一度手にした物は放さない
ようにしてます。
ボンドで箱に貼り付けてます(笑)
(いつも、ふざけていてごめんなさい(笑))

>おーや様

あ~、そうですよね。
このドロッとしたカンジは日本でしかありえないですよね。
でも、この暗い雰囲気がたまらないんですね、俺は。


>ちゅう吉様

いやいや、ちゅう吉さんの上でコメント入れてくれてる人なんて、俺と二桁違いで持ってますからね、お宝。
俺なんか、まだまだですよ!(笑)

俺もボンドで貼り付けて、もう手放さないようにしようかな(笑)

マスベ、良いデスよね~。「被害妄想」は、当時毎日聴いてマシタ。

昨年夏のチェルシー追悼で再結成の予定があり、ライヴハウスのスケジュール欄にも載ったんデスが、結局実現せずデシタ。

でもいずれは・・・?(秘)

たまに覗いてる同年代の者です。
卑龍さんはカッコよかったですね~。
アングラの帝王でした。
トランスフォーマーも是非CDして欲しいですね!

>Mr.エレクト様

「被害妄想」カッコイイですよね~。

へ~、昨年、そんな話があったんですか?
いずれは・・・?(秘)
そうなんですか?!


>あぱっち様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
たまにと言わず、ちょくちょく来てください(笑)
トランスフォーマー、CDで聴きたいですね!


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/29743859

この記事へのトラックバック一覧です: 漆黒のPUNK:

« 悲しき性(さが) | トップページ | 彼が彼を知ってる 彼も彼を知ってる »