« 彼が彼を知ってる 彼も彼を知ってる | トップページ | 引き篭もりの日々 »

68年目の5月24日に/激しい雨

今週は昨日、土曜まで仕事で、今日1日だけの休日。

別に何するわけでもなく家でダラダラと過ごす。まぁ、よくあることだけど。

昨日、仕事でもデカい心配事を抱えちまって、どうにも冴えない気分。

いろんな方のブログで、聴き逃したFM番組を聴けることを知り、俺も聴いてみる。いろいろと批判されることも多い渋谷陽一だけど、やっぱり良き理解者だと思うし、彼にしては珍しく緊張してるふうだったけど、懸命に清志郎のことをリスナーに伝えようとしててよかったと思う。選曲もよかったし(「誰も知らない」は俺も、あの時期をよく表してる重要な曲だと思うんで嬉しかった)。

Dscn2984 本日、68回目の誕生日を迎えたこの人。

俺、ディランってハマッたことなくてさ、一度も。良いとは思うんだけど、どっぷりにはならないね、何故か。

今、数えてみたら手元にあるのはLPとCD合わせて9枚だけ。あっ、カセット・コピーも5~6本あるけど。

最近、仕事帰りの電車でよく一緒になる高校の同級生(ギター弾き、昔はハード・ロック好き)がハマッてるらしく熱く語ってた。ブルースを遡ってウディー・ガスリーに行って、ディランにたどり着いたそうだ。

こないだ買ったマガジンにも、ここ10年くらい、チャート・アクションがスゲー良いって記事があったな。

全く聴いてないけど、最近のも良いのかな?少し聴いてみようかな~、と、いい歳してメディアに踊らされてるバカな俺は思ったりして。

今夜は古い、画像のアルバムを聴いてる。76年、ローリング・サンダー・レヴュー・ツアーのライヴ盤。ミック・ロンソンを含む4人のギタリスト、ドラマーも二人編成のブ厚いサウンド。1曲目の「マギーズ・ファーム」からカッコイイねぇ。

アルバム・タイトルが、さっきまで聴いてたFM音源の最後にかかった曲と同じ。スタジオ・テイクじゃなく、共作者のチャボが弾いてコーちゃんの叩いた完全復活祭のライヴ・ヴァージョンだったのが嬉しかったな。

|
|

« 彼が彼を知ってる 彼も彼を知ってる | トップページ | 引き篭もりの日々 »

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

あたしも、その渋谷陽一のラジオを
行き着けのバーで途中からですが、聴いてました。
同じNHKで、その放送の2日前の伊藤正則の12時間
ハードロック特番とは違い、重い雰囲気でしたが、
渋谷陽一の、無駄な私情を省いた真摯な言葉が
解り易く良かったでした。

投稿: ナカムラマミ | 2009年5月24日 (日) 22時58分

こんにちは!
僕、今日KENBOさんのブログで聞きました。
ホント、渋谷氏は良き理解者だなって思いました。
内容も素晴らしかったですね。

ディラン68歳になったのですか!
僕は『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』
はよく聴いてましたー。

投稿: ちゅう吉 | 2009年5月25日 (月) 16時51分

>ナカムラマミ様

伊藤正則の12時間ハードロック特番(笑)
スゲー! ちょっと聴いてみたかったです(笑)
渋陽、よかったですよね。

あっ、ブツ届きました!
どうもありがとうございます。
たっぷり楽しませていただきます!


>ちゅう吉様

良い番組でしたよね。
ラジオでやるなら渋陽しか居ないですよね!

『ブリンギング・イット~』恥ずかしながら未聴です。
ベストやなんかで、知ってる曲もあるんですが。
聴いてみようかなぁ。

投稿: LA MOSCA | 2009年5月25日 (月) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/29773960

この記事へのトラックバック一覧です: 68年目の5月24日に/激しい雨:

« 彼が彼を知ってる 彼も彼を知ってる | トップページ | 引き篭もりの日々 »