« 上がってる 下がってる | トップページ | ぼくの目は猫の目 »

2009年9月 7日 (月)

何もなかったふりをして

先週の日曜、久々に上京してパティ・スミスの映画を観てきた時、最初は、ラフォーレでやってる清志郎の個展にも行くつもりだった。

けど、日にちが近づくにつれ、なんだか気が重くなっていって。結局、行かずに帰ってきた。

映画観終わった後、ご一緒させてもらったマミさんと食事したりしたものの、充分過ぎるほど時間はあったし、映画観たの渋谷だったから近かったんだけど・・・。

ブログをリンクさせていただいてる方の中でも、BlueさんnobuさんY.HAGAさんKenboさん月見家さん今日聴いた音楽さんなんかは観に行かれて、それぞれの感想を書いてくれてる。

行った方々を批判する訳じゃない。逆に行ける心の強さみたいなモノが羨ましい。

俺はさ、まだ全然、ダメなんだよ、ホントに。

5月9日は、いろんな人の後押しもあって行かないつもりだったのを行ってきて、それは全く後悔してない。むしろ行かなかったら、大後悔してたと思うから、後押ししてくれた人たちに感謝してるけれども。

あれは告別式でたった一度の特別なことだし、辛かろうがなんだろうが行かなきゃならない気がしたからね。

Kenboさんに(初めて)会えたりしてスゲー嬉しかったりもしたんだけど、時間的に帰れなくて上野のカプセルに一人で泊まったり、翌朝、常磐線で帰ってる時のなんとも言えない気持ちは、出来ればもう味わいたくない種類のモノだった。

我ながら、いい歳してずるくて弱くて情けないとは思うけどさ。

大昔、ジョンが死んだ時、松村雄策が「何もなかったふりをして当分の間は呑み続けよう」って書いてて、ビートルズをかじり始めたばかりの俺は、“そんな気持ちになっちゃうなんて、余程の思い入れがあるんだなぁ”と思ったんだけど、まさか、自分がそんな気持ちになる日が来るとはなぁ。

清志郎がもう居ないことは事実として判ってる。でも、それを自分の中で消化出来ないというか。

メディアもさ、もういいから、清志郎のことは触れないでくれ、ってカンジだよ。

繰り返しになっちゃうけど、俺はダメダメだから、当分、清志郎が居なくなってしまったことに気付かぬふりをしていこう。後ろ向きなのは百も承知だけど。

Dscn3256 このTシャツ、俺も持ってる。何気に買って着てたら、雑誌で清志郎が着てるの見て嬉しくてさぁ。「同じだっ!」って。

あと何年か経つと、事実を受け入れられて、心が乱れずに清志郎のことを思える日が来るのかな?

|
|

« 上がってる 下がってる | トップページ | ぼくの目は猫の目 »

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

強くないっすよ
強がってるだけで 本当は弱いんです。
だから、このまま清志郎に触れずにいたら
もっと悲しくなってしまいそうで。。。
でも そのたびに清志郎の死を実感させられてしまい またグタグタになってしまうんですが。
想い出話で笑えることはあっても
現在進行形で笑えることは このさきずっと無いんだと思うと いつまでたってもこの悲しみは無くなることがないとおもいます。

投稿: Kenbo | 2009年9月 7日 (月) 22時35分

>Kenbo様

家で清志郎を観聴きするのは、これまでもずっとしてきたことなんで、割と大丈夫になってきたんですが、こういうのだと嫌が応でも思い知らされちゃうというか・・・。

店に行っても、清志郎のコーナーなんか出来てたりするとねぇ。
これまで清志郎に触れずに居た、好きになる感性持った人が知れる機会だ、みたいな意見も判るんだけど・・・。
1回、レンタル屋で、安っぽいコピーを掲げたコーナーを見かけた時には蹴散らしたくなりました。

現在進行形で笑えることか・・・。
無いのかもね、もう。

投稿: LA MOSCA | 2009年9月 8日 (火) 19時16分

行く以下内は別として、個展の内容は素晴らしいものらしいですね。
僕も東京まではいけないのですが、名古屋には行くつもりです。
おそらく大阪でも開催されるでしょうから当然足を運びます。

清志郎の追悼番組の数はかなり記録的なものらしく、亡くなってその偉大さが改めて分かったと言うかなんと言うか。

先日大原麗子さんがお亡くなりになりましたが、あんな大女優なのにノリPの報道の陰にすっかり隠れていました。

もし、清志郎がそんな扱いされたら僕はそれはそれで悲しいような気もするんですよね~

別件ですが、イマ部屋を整理しているんですが全然綺麗にレイアウトできなくて、LA MOSCAさんに手伝いに来てもらいたいっすよ^^

投稿: マイト | 2009年9月 9日 (水) 03時06分


>行く以下内は別として、

行く行かないは別として、

なんちゅう変換だこりゃ
失礼いたしました。

投稿: マイト | 2009年9月 9日 (水) 03時27分

>マイト様

うん、今回、俺は“行けない”のではなく”行かない”という選択をしましたが、個展の内容は素晴らしそうですよね。
あくまで、俺個人の意思なんで、行きたい人はどんどん行ってほしいです。

≫もし、清志郎がそんな扱いされたら僕はそれはそれで悲しいような気もするんですよね~

そうですよね。俺も天邪鬼なんで、騒がれて腹を立ててますけど、騒がれなければ、それはそれで腹を立ててたと思います(笑)

部屋の整理ね(笑)
いろんな方に言われてますが、これでバイトでもしようかな?(笑)

投稿: LA MOSCA | 2009年9月 9日 (水) 20時51分

僕は、この展覧会が終わるのがなんか恐いんです。これが終わると、清志郎本人の温もりが感じられるイベントは当分ないと思うと寂しくて…。
秋から冬になるにつれ、清志郎の不在がよりいっそう強く感じられそうな気がして…。

オレ、たぶん一生このまんまなんじゃないかな。

投稿: Y.HAGA | 2009年9月15日 (火) 09時53分

>Y.HAGA様

俺はさ、不在を感じたくないから
知らなかったふりをしていたいな、と。

暗い話になるけど、俺、11年前に父親、7年前に妹を亡くしてて。
親父は癌だったし、60だったしで、今はその事実を受け入れられるんですが、妹は34であまりにも突然の不条理な死だったので、未だに受け入れられなくて、出来るだけ思い出さないようにしてます。
我ながらずるくて弱いとは思いますが。

自分が生きてる限り、ダメなのかもね。

投稿: LA MOSCA | 2009年9月15日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/31276048

この記事へのトラックバック一覧です: 何もなかったふりをして:

« 上がってる 下がってる | トップページ | ぼくの目は猫の目 »