最近のトラックバック

« 0.5アップどころじゃないぜ! | トップページ | やりたくねえ事やってる暇はねえ »

2009年11月12日 (木)

64年目の、そして54年目の11月12日に

Dscn3360 今日はニール・ヤングの64歳の誕生日。

やたら作品の数多いし、作品や時期によって結構変わる人だけどなんか好きだね、やっぱり。俺も聴いたのは12枚くらいだけなんだどね。

91年、湾岸戦争の真っ只中の全米ツアーを収録したこのライヴ・アルバム『ウェルド』が一番好きかなぁ。「風に吹かれて」の熱いカバーが話題になったよね。

一度だけライヴ観たな、2001年のフジ・ロックで。このアルバムでも一緒の盟友、クレイジー・ホースとのライヴ。「ドント・クライ・ノー・ティアーズ」でユルユル始まったのを後ろの方でのんびり観てたんだけど、中盤の、『ウェルド』のアタマに入ってる“あの”「ヘイ・ヘイ、マイ・マイ」で思わず前に行っちゃったんだよね。「ライク・ア・ハリケーン」の20分以上に亘る熱演も凄かったなぁ。

Dscn3405 昨日、記事にしたマシュー・スウィート&スザンナ・ホフスのカバー・シリーズ・アルバムの第一弾に、『ウェルド』収録の「シナモン・ガール」入ってたな、そういや。マシューもニールが好きなようで、『ガールフレンド』のレガシー・エディションにも、やはり『ウェルド』収録の「コルテス・ザ・キラー」のライヴ・テイクが、そして画像のミニ・アルバムには、フジで1曲目だった「ドント・クライ・ノー・ティアーズ」のライヴ・テイクが入ってたりもした。どれもいいけど、とりわけ最後の「ドント~」がスゲー、カッコイイ。リチャード・ロイドの魂のこもったギター・ソロ!

余談だけど、このマシューのミニ・アルバム、リリース時に買わずに後になって中古で買って。¥500くらいでさぁ(笑)開けたら初回特典のステッカー出てきて得した気分(笑)ガキの頃に駄菓子屋で当たり出したみたいなカンジ(笑)

Dscn3403 マシュー&スザンナのカバー・シリーズ第二弾に入ってたラズベリーズを(曲は違うが)カバーしたこともあるベイ・シティー・ローラーズのレスリー・ マッコーエンも本日の誕生日。ウチの嫁は筋金入りの大ファンだったけど、実は俺も大好き。俺にとっては洋楽の入り口だったしね。

Dscn3404_2 そのラズベリーズの「レッツ・プリテンド」収録の『青春に捧げるメロディー』がナンバー1フェイバリット・アルバムだけど、その1作前のコレも大好きだなぁ。「二人でいつまでも」って曲がとにかく好きでさ。他にもベストに入るようなシングル曲以外のいい曲目白押しで、なかなかの好盤だと思う、コレ。

しかし、この二人って10歳しか違わないんだね。レスリー、54かぁ・・・。

« 0.5アップどころじゃないぜ! | トップページ | やりたくねえ事やってる暇はねえ »

ROCK」カテゴリの記事

コメント

サテデナイ!!さてでナイ!!
あ~ワンダリンってか!!
(*≧m≦*)

こんばんは!ちゅう吉です。仕事の休憩時間にコメントさせて頂きます(^^)
僕もレスリー大好きでーす

>酔っ払いのPUNK娘様

誰ですか、この酔っ払いは?!(笑)
昨夜も楽しかったようで何よりです。
高知、PISTOL JAZZ、楽しんできてね!
レポ、楽しみにしてます!


>お酒好きですが弱い地方都市のマダオ 様

レスリーの声&唄、サイコーですよね!
お仕事頑張ってください!


つうか、この二人、以前も注意したのに、またふざけた変名でコメしてきたな!(笑)
変名でもすぐ判るっつうの!(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/32189236

この記事へのトラックバック一覧です: 64年目の、そして54年目の11月12日に:

« 0.5アップどころじゃないぜ! | トップページ | やりたくねえ事やってる暇はねえ »