« 奥行きの深い週末/ROCK馬鹿オヤジ3人が再び篇、そして60年目の12月13日に | トップページ | GO FOR IT »

How Are You&Your Rock’n Roll Heart?

Dscn3486 今日の昼間、仕事中にふと頭の中で鳴ったのが、LOU REED、76年のこのアルバムのタイトル曲。俺は好きだけど、一般には低迷期と言われるアリスタ在籍時の作品。確かにアリスタ期のモノでも一番地味かもしれないアルバムだし、曲自体も大した曲じゃないかもしれない。でもなんか好きなんだよね。

オペラもバレエも好きじゃないさ

最新のフランス映画も別世界の話

俺は無口、自分が冴えないのを知ってるから

でも胸の奥にはロックン・ロール・ハートがあるんだよ

そうさ胸の奥にロックン・ロール・ハートがあるんだよ

ロックン・ロール・ハート、楽しい時を求めて

-Lou Reed 「ROCK AND ROLL HEART」-

何と言っても、“ロックン・ロール・ハート”って言葉の響きがいいなぁ。

Dscn3485ルー・リード好きでも有名な鳥井賀句は92年刊行の著書のタイトルに使ってた。某・大手ロック出版社の社長をはじめ、色々言われることの多い鳥井賀句だけど、俺は好き。確かにツッコミどころの多い人だけど、気恥ずかしくなるほど青臭い文章と熱いミーハー魂は、偉そうにウンチク語る評論家先生より全然共感できるな。

俺、ホント、この人のミーハーでさ。一時(88年~92年頃)、ライヴ会場でよく見かけて声をかけたりしてた。2002年のフジロックで声かけた時は憶えてないだろうに「久しぶり!」とか調子いいこと言われちゃったけど(笑)、普通にロック好き同士の会話出来て嬉しかったりしてね。(「なんだ、お前、昨夜のパティとテレヴィジョン観てないの?“Little Johnny Jewel”や“Radio Ethiopia”やったんだぜ!」) ブログ始めた頃、彼のブログに図々しくも自分のブログのURL貼ってコメ入れたら「ブログ読ませてもらったよ。ストーンズの記事が面白かったぜ」と返してもらえたのも嬉しかったなぁ。

Dscn3487 俺が愛してやまないTHE GODの(このアルバムはGOD-OUT名義だけど)アルバムにも“ロックン・ロール・ハート”ってフレーズが出てくる「ROCK’N ROLL I.D.」って大好きな曲がある。NONと良次雄の乱暴な(同時に違う歌詞唄ったりしてる)ツイン・ヴォーカル。NONが出戻りしてた時期に一度だけ生で観た二人で唄ったヴァージョンはサイコーだった。本日の記事タイトルは同曲の歌詞より。

クサイと思う人も居るかもしれないけど、素敵な言葉だと思うな、ロックン・ロール・ハートって。

|

« 奥行きの深い週末/ROCK馬鹿オヤジ3人が再び篇、そして60年目の12月13日に | トップページ | GO FOR IT »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
LA MOSCAさんの記事を仕事の休憩中に読んで
帰りはⅠ'm not a soldierを聴いて帰ってきましたー。
「ROCK’N ROLL I.D.」!カッケー曲ですよね。

ロックン・ロール・ハート!うん、素敵な言葉だと思いますよ!

投稿: ちゅう吉 | 2009年12月15日 (火) 02時11分

>ちゅう吉様

クサくないですかね?
ルーやリョウみたいな本物が言えばカッコイイですけど
俺みたいなダサ坊が言うとね・・・(笑)
俺も今日は「Ⅰ'm not a soldier」聴きました。
やっぱりサイコーですね!

投稿: LA MOSCA | 2009年12月15日 (火) 20時20分

こんばんは!いつもありがとです。

ロックンロール・ハート・・・常に忘れないようにしたいです。
たとえ山あり谷ありでも・・・

投稿: kzztt | 2011年3月 7日 (月) 00時44分

>kzztt様

こちらこそありがとう。

素敵な言葉ですよね、ロックンロール・ハートって。
俺は、ここしばらく谷ばかりなんで、そろそろ山が来ないかなぁと(笑)

投稿: LA MOSCA | 2011年3月 7日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/32609158

この記事へのトラックバック一覧です: How Are You&Your Rock’n Roll Heart?:

« 奥行きの深い週末/ROCK馬鹿オヤジ3人が再び篇、そして60年目の12月13日に | トップページ | GO FOR IT »