« どうぞこのまま | トップページ | お願いだから聴いて! »

愛はいつまでも

ふぅ~っ、一日終わった・・・。あと二日。

Dscn3568 昨日、ラズベリーズなんか買ってきて聴いてたら、やはりというか何と言うか、聴きたくなって今夜はコレ。

俺が唯一所有するCDには「レッツ・プリテンド」入ってないけど・・・。

現役時代は単なるアイドル・グループって評価も多かったけど、最近はパワー・ポップ(この言葉、あまり好きじゃないけど)やグラム・ロックの文脈で語られることも少なからずあるよね。

画像のLPの前までは、やり手の裏方ブレーンの思惑もあってか、グラムっぽいサウンドだったベイ・シティー・ローラーズも、このLPでは、ラズベリーズも手がけたジミー・イエナーっちゅう人にプロデューサーを変更。それで、「レッツ・プリテンド」をはじめとするポップス路線に移行してったんだろう。

いろんな意見あるようだけど俺はどっちも好きだね。

画像のシングルは、このLPの次の次、イアン~パットの参加と離脱を経て4人組で活動(この辺が人気的にはピーク)後、アランが復帰して再び5人となってリリースされた『風のストレンジャー』からのリード・シングル。

コレのひとつ前、4人組で出した『恋のゲーム』で大人っぽい雰囲気をかもし出してたこのバンドが、またウキウキするような曲をやってる、って印象持ったんだよね、ラジオではじめて聴いた時。

でも何か哀しさみたいなのも滲み出ちゃってるね。全盛期を過ぎて、一時、あまり着なくなったタータンチェックの服に身を包んだ写真をミュージック・ライフで見た記憶もあるし。前だったら、アルバム出るなんていったらたくさんページ割いただろうけど1ページだけだったりもして・・・。

そして、その後、レスリーが脱退。元ラビットのダンカン・フォールを入れて名前もローラーズに縮めて活動は継続されて、その時期も良いって意見もあるけど、やっぱり、ここで何かが終わってる、と思う。

こういう哀しさも、この手のバンドを聴く時の醍醐味とか言うと残酷かな?

|

« どうぞこのまま | トップページ | お願いだから聴いて! »

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/33010379

この記事へのトラックバック一覧です: 愛はいつまでも:

« どうぞこのまま | トップページ | お願いだから聴いて! »