« 窓の外は雪 | トップページ | 俺も(たぶん)二個しかもらえない・・・ »

2010年2月 7日 (日)

グッドデストロイキューティーハニー

昨日、レンタ ルしてきたミドリのコレを聴く。

Dscn3611_2

コレ出た時、マガジンで和久井光司氏による(メンバーへのインタヴュー含む)記事読んで興味を持ったものの、Vo&Gの後藤まりこのエキセントリックさ(超ミニのセーラー服で客席にダイブ、一人称が“ボク”、そして歌詞がエロイetc)を知り、抵抗感を感じてスルーしてしまった。実際、その後にTVで、どこぞのフェスだかのライヴ映像観てもあまり引っかかるトコもなくて。

で、昨日、この山本直樹によるジャケが目に留まり何気に借りてみたら・・・。

何コレ?なんか得体のしれないヤバイ、聴いちゃいけないモノ聴いちゃったカンジ。先のマガジンで和久井氏も言ってたし、安易な物言いなんであまり言いたくないけど、確かに80年代初頭の“あの頃”のバンドを聴いた時の感覚に近いモノを感じた。(一応、念の為に言っておくけど、音が似てるとかじゃないよ)

俺もウンチク語りたがりなんで、アップライトベースとピアノのジャズ感覚とか、昭和歌謡とハードコアの融合がとか、演奏技術の高度さがとか、いや、歌詞の深さがとか、いろいろ説明したいトコだけどやめとこう。絶対に伝わらないと思うから。そんなのどうでもいい。勿論、後藤のエキセントリックさも。

ただ、聴いてて俺が感じた感覚。

不安、恐怖、切なさ、哀しみ、滑稽さ、狂気、そして扇動的な興奮。

これらを31分2秒の間に全部感じた。

あと、そう、歌詞ね。音抜きで歌詞だけ取り上げるのは誤解を招きやすいし、安易で卑怯と思いつつよく書いてしまうのだけど・・・。

でもひとつだけ。

壊してね、壊してね、こうやってつくるんよ

壊してね、壊してね、こうやってつくるんよ

せやけどね、戻らんよ、壊したもんは戻らんよ

別もんや、別もんや、まったくもっての別もんや

-ミドリ「ちはるの恋」-

なんかよく判んないけどスゴイ!

果たして俺の興味は、この1枚で終わってしまうのか、それとも続くのか判らないけど、しばらくは聴き続けると思う、このアルバムは。

最後に。

「大したことないよ、このバンド。大メジャーのSONYのバンドだし。インディーズにはもっと“過激”なの居るよ」とか思ってる人が居るとしたら。

俺は貴方とは絶対に判りあえない!

|
|

« 窓の外は雪 | トップページ | 俺も(たぶん)二個しかもらえない・・・ »

日本のパンク」カテゴリの記事

コメント

ミドリは断然ライブですよ。つってもアタシも4度しか体験してないし、最後に行ってから半年以上経っちゃってますが。テクもあって音楽的にも面白いことやってるから音源だけでちゃんと聴き応えのある作品になってるけど、それでも音源聴くと欲求不満になってライブ行きたくなります。

投稿: yukodokidoki | 2010年2月 8日 (月) 01時14分

>yukodokidoki 様

お~!そうかyukoさん観てるんですね?
いいな~。
yukoさん、こういう若手のバンド、たくさん観てるみたいですね。
その行動力が羨ましい・・・。
うん、俺も是非、観てみたいです、ミドリ。

投稿: LA MOSCA | 2010年2月 8日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/33286766

この記事へのトラックバック一覧です: グッドデストロイキューティーハニー:

« 窓の外は雪 | トップページ | 俺も(たぶん)二個しかもらえない・・・ »