最近のトラックバック

« WHERE WERE YOU | トップページ | まさか・・・ »

2010年3月29日 (月)

向こう側へ突き抜けろ!

ここ3,4日のあいだ、普段は単調で何もない俺の日常にいろんなことが起きてる。

嬉しいことも嬉しくないことも。でも嬉しいことの方が多いかな?

もうないと思ってた奇跡みたいなチャンスも巡ってきたし。9回裏(いや10回裏かな?)2アウト満塁、一打逆転的な。

普段、のんびり過ごしてるんで消化しきれないで混乱しちゃってる。

まぁ、それについては(あっ、あと『銀魂』についても)そのうち・・・。

昨日の遠藤ミチロウ@小川屋。

三度目にして初参戦となった悪友Mクンが心配してたとおり、またやらかしてくれた。サイテーな俺は、またもや加勢したりフォローに廻ったり。Pクンはまたしても傍観(笑) でも、この時のような後味の悪さはない。悪意があった訳じゃなく、うわべのお世辞を言うのがが嫌いで「本音言って通じねえヤツは要らねえ」というMクンに共感できたからさ、昨夜は。Mクンの正直な反応が場の空気を盛り上げたみたいなカンジもあったし。

肝心のライヴね。

初っ端の『ロマンチスト』に狂気乱舞してたら、「これでスタートじゃないよ。サウンド・チェックだから(笑)」と笑わせてくれたミチロウ。

『ババア』(ジョンの『MOTHER』のカバー)が初聴きできた。

前回、心に沁みた『ホワイト・ソング』がまた聴けた。

蜷川幸雄の舞台『血は立ったまま眠っている』で唄った曲を聴かせてくれた。

定番ながらもグッときた『Mr.某』、『マリアンヌ』、『JUST LIKE A BOY』

そして毎度毎度、必ずググーっと引っぱられる『てんごくのとびら』

それから、98年に初めて水戸に来た時(90eastじゃなくライトハウスだった。俺にとって初のアコースティックのミチロウ・ライヴ)、昨年のTOUCH-MEでもやった(と記憶してる)DOORSの『BREAK ON THROUGH』のカバー。コレ、特に出色の出来って訳でもないんだけど、なんか嬉しい、聴けると。

前にも書いたけど、小川屋って俺の実家の目と鼻の先でさ。2010年にココで今年、還暦を迎えるミチロウがこの曲を唄うのを今年、45になる自分が観てるってのが感慨深いな。

あと、こういう機会にしか観に行けてないけど、久々に観たSICK BABIESがカッコよかった。フクちゃんとヒロタカは日立の誇りだね、マジで。俺は浅~い知り合いでしかないけど、自慢したくなっちゃうもんな、この二人のこと。

あっ、いぬん堂の牛戸社長が来てた、また。金曜にBASEMENT BARでM.J.Q観てるクセにこんなど田舎まで来るのがスゴイ。初・小川屋の時に隣りのさびれたドライヴイン“しらかば”で携帯で黙々と自分で大阪のライヴハウスだかにブッキングしてたミチロウと同じくらいの情熱というか執念みたいなものを感じた。社長、お話しした諸々、期待してますよ!

Dscn3749

そういえば、なんで『BREAK ON THROUGH』、英語で唄うんだろう?数ある外国曲のカバーで英語で唄ってんのって、コレと『HELP!』ぐらいだよね?次回、聞いてみよう、本人に。

俺も突き抜けたいな、向こう側に。

« WHERE WERE YOU | トップページ | まさか・・・ »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
ミチロウのライブは僕もいつかみてみたいです。

『BREAK ON THROUGH』は聴くたびにドキドキします。( ̄▽ ̄)

SICK BABIESは1曲だけですが聴いた事ありますよ!かっこいいですよね。
\(^o^)/

>ちゅう吉様

ミチロウはギター担いで、一人で全国隈なく廻ってるのでお近くに来たら是非!
生はスゲーよ。

えっ?なんでSICK BABIES、聴いたことあるの?

BREAK ON THROUGH
たぶん英語のほうが歌いやすいから・・・かな?
今年はまだ一回も見れていません。
早くみたいです。

>マイト様

そうかな?そうかもね。
ミチロウ独特の日本語で聴いてみたい気もしますね。
うん、毎回、変わり映えしなくとも何回観てもいいよね、ミチロウは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/33991493

この記事へのトラックバック一覧です: 向こう側へ突き抜けろ!:

« WHERE WERE YOU | トップページ | まさか・・・ »