« 40年目の3月5日に | トップページ | 拝啓、忌野清志郎 »

2010年3月 6日 (土)

Like A Dream

Dscn3713

正直言うと聴くまではちょっぴり不安もあった。期待より良くなかったらどうしようって。

“行方不明になってたテープが発見された”と言われてるけど、きっと清志郎の意思で当時はボツにしたんだろうと思うし、後年、リ・テイクされた収録曲の殆どにあまり深い思い入れもなかったので・・・。

ところが、とんでもなかった!リ・テイクされてる曲のすべて(そう、すべて)が誤解を怖れずに言うけど、全然いいのだ、こっちの方が。

「I Like You」や「ニュースを知りたい」ってこんないい曲だったっけ?「ヒロイン」、「メルトダウン」なんてはじめていいと思ったぞ。

ここ15年ほどの作品(ナッシュビル録音によるシングル3部作以降)にはあまり感じられなかった(「QTU」や「JUMP」あたりには若干、感じるが)POPなフィーリングがとてもいい。「トランジスタラジオ」、「MR.TVプロデューサー」なんかを収録の『PLEASE』を思い起こさせたりもして。

周知のとおり清志郎には多面的な魅力があって、そのどれもが俺は好きで(当時はあまり受け入れられなかった社会的なメッセージ性も今は嫌いじゃない)、POPじゃなくちゃ、と思ってる訳じゃないのだけど、こういうのは久々で懐かしくも新鮮に感じた。

でも、なんでコレ、レコーディングして、しかもボツにしたんだろう?

ここからは俺の超個人的な憶測。

この2年前に初ソロ『RAZOR SHARP』、1年前に『MARVY』そして『COVERS』『コブラの悩み』があって、「レコード業界に失望した。もう、レコード出さない。ライヴで新曲やるから勝手に録音しろ」と言って、実際に新曲をバンバンやってたのが、コレがレコーディングされた89年。

そうは言っても、曲が出来たら形にしたくなったんじゃないだろうか?でも、RCのメンバー間が難しくなってきてて。(「スタジオ入るだけで緊張しちゃう人もいるし」とか発言してたのってこの時期じゃなかったかな?)そんな時、小原礼と意気投合してやってみたものの、やっぱり、RCとして作りたかったのでは?だけど、思うように行かず。それでヤケクソのように『ザ・タイマーズ』を作って(大好きだけど)、翌90年に仕切り直してやろうと思ったら、製作前にG-2が、そして半ばでコーちゃんが離脱して、出来上がったのが『Baby a Go‐Go』

こう考えると清志郎がちょっと可愛そうに思えちゃうな。もっと何とかならなかったのか?とも思う。でも、こうなるしかなかったのかもしれないね。RCが続いてたら、その後の清志郎の作品も聴けなかったかもしれないし、度々のチャボとの共演での、あの何とも言えない“いいカンジ”も観れなかったかもしれない。

あとアレだね、清志郎が今も居たら、コレ、発見されてもリリースされたかどうか疑問だよね。少なくともチャボ、梅津&片山、金子マリ、そしてタッペイくんが音を重ねるなんてことはなかっただろう、間違いなく。そう思うとちょっと複雑だけど・・・。

でも、当分の間はそんなこと考えずに、この素晴らしい作品に浸っていたいな。だって、スゲー幸せな気分になれるから。

ホントにすべての曲が素晴らしくいいのだけど(「I Like You」のチャボの、「FREE AS A BIRD」のジョージを思わせるようなスライド!)、俺が一番聴きたかった、そして聴いてみて一番グッときたのが「Like A Dream」

初聴きは『Memphis』ツアーのMG’sとの武道館。てっきり、MG’sとやれた喜びで出来た曲だと思ってたら、こんな時期からあったんだね。その時は特別な感慨も抱かなかった。手癖で出来ちゃったような曲だな、と思ったし。だけど、あの“完全復活祭”の最後にひとりで唄われたのが強烈に印象に残って。スゲー、いい曲だったんだなぁって。もしかするとあの日、一番唄いたかったのはコレだったのかな?と思ったりもした。俺が最後に聴いた生うた。

この曲がまたこれ以上ないってくらいいい。MG’sとのヤツより、グッとテンポを落としてて。金子マリのバック・ヴォーカルも絶妙だし、梅津さんの泣きのブロウ。そして何よりも清志郎の、あの声。

今日の仕事帰りの電車内、ウォークマンで聴いてて、この曲の後半、ブレイク後のシャウトのトコで視界がぼやけてしまった。でも、この時とは意味が違う。

俺は嬉しかったのだ。清志郎と同じ時代に居られたこと。清志郎を知ったこと。清志郎を好きになれたこと。清志郎をずっと好きで居れたこと。清志郎を今も好きなこと。21年後とはいえ、コレが聴けたことが。

|
|

« 40年目の3月5日に | トップページ | 拝啓、忌野清志郎 »

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

まいど!

>てっきり、MG’sとやれた喜びで出来た曲だと思ってたら、こんな時期からあったんだね。

いま、読ませていただいて『そうか、そういわれればそーだな!』と思いました。

格好付けていうと・・・2010年3月5日に発売するために、ボツにしたんではないでしょうか^^;

僕まだ届いてないんですよ~
とりあえず文藝は昨日本屋で買ってきました。
僕たちみたいなファンにとっては、リンコさんのインタビューは必読ですね。

清志郎にあえただけでも、この時代に生まれた価値がありますよね~

投稿: マイト | 2010年3月 7日 (日) 04時42分

こんにちは!
私も、これ…聴くまでいろんな不安があったのですが、聴いたらぶっ飛んでしまいました!
特に「ニュースを知りたい」の、このオリジナルバージョンにはググッときました(><)。

投稿: 波野井露楠 | 2010年3月 7日 (日) 17時19分

>マイト様

マイトさんも無事聴けたようでよかったです!
素晴らしいとしか言いようがないですよね。
こんなの聴けて、俺たち、幸せですよね?
ホント、清志郎と出会えて幸せです!

>波野井露楠様

初コメ、ありがとうございます!
ブッ飛びですよね。
「ニュースを知りたい」俺、あまり好きじゃなかったけど、コレはサイコーでしたね!

投稿: LA MOSCA | 2010年3月 8日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/33661519

この記事へのトラックバック一覧です: Like A Dream:

» 「『新作』に偽りなし!!」 忌野清志郎/Baby#1 [波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~]
 2010年3月5日、清志郎のデビュー40周年記念にあわせて清志郎のNEWアルバムがリリースされた。 [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 17時17分

» 忌野清志郎 「Baby#1」 [火玉列伝(忌野清志郎魂)]
届きました。 rupyさんからのコメントで 渋谷のタワレコの開店すぐに 行き BABY#1のポスターとCDカバーをGetしました♪♪ との情報を得ていたのでタワレコ通販で買った僕は『しまった!店舗で買えばよかった!』と思っていたのですが、本日タワレコから届いた段ボール箱が異様に縦長^^; はい、中を開ければメチャ格好いい清志郎のポスターが入ってました。 で、CDの右横にあるのがタワレコ特典のスリーブケースですがもったいなくて使えません^^; ではここで収録曲を今一度・・・ 01. I Like... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 01時34分

« 40年目の3月5日に | トップページ | 拝啓、忌野清志郎 »