« HERE COMES THE SUN | トップページ | Sense of Wonder 2010 »

2010年4月 6日 (火)

Ain’t She Sweet

何故か最近、ビートルズを聴くことが多い。全くと言っていいほど聴かない時期もあるのに。こういうのは周期があるね。あと何がしかの切っ掛けね。

ここんトコの自分のブログ見返しても取り上げてること多いけど、映画『ゴールデンスランバー』観たり、清志郎の最近のメディアでの扱われ方に『拝啓、ジョン・レノン』思い出したり、ジョン・レノン・ミュージアムに初めて(そして多分最後)行ったり、という切っ掛けがあった。

で、今夜聴いてるのは、少し前に自分で編集した『アンソロジー』のセレクションCD-R

Dscn3769

95年~96年にかけて2枚組3セット計6枚、全125曲で発表されたモノから1枚26曲にまとめた。

ちなみにソング・リストは

01.Free As A Bird

02.Ain’t She Sweet

03.Like Dreamers Do

04.Hello Little Girl

05.Besame Mucho

06.How Do You Do It

07.Leave My Kitten Alone

08.If You’ve Got Trouble

09.That Means A Lot

10.Not Guilty

11.What’s New Mary Jane

12.Come And Get It

13.Ain’t She Sweet

14.Real Love

15.Love Me Do

16.One After 909

17.And I Love Her

18.I’m Looking Through You

19.Tomorrow Never Knows

20.Good Morning Good Morning

21.Across The Universe

22.Ob‐La‐Di,Ob‐La‐Da

23.While My Guitar Gently Wheeps

24.Come Together

25.Because

26.The End

といったカンジ。

ビートルズとしてはも含む未発表曲の中でも完成度の高い12曲を、「Free As A Bird」と「Real Love」が挟む前半、既発表曲の別テイクで著しく正規テイクと違うモノ12曲による後半ってのがコンセプト。

『アンソロジー』は貴重な音源が沢山収められてて素晴らしかったけど、未発表曲、既発表曲の別テイク、完成度の高いモノ、リハ・レベルのモノが混在してて聴きづらかった気がしてたので・・・。

半端な完成度の為に落としたモノもある。その中でも好きなのが「And Your Bird Can Sing」 この、楽しそうに無邪気に笑ってるジョンとポールはサイコーだ。

入れた曲では「Leave My Kitten Alone」のジョンの身震いするほどのカッコよさ、ポール節全開の「Come And Get It」、あまりにも美しい「Because」なんかが特にお気に入り。

そして前半の2曲目と13曲目に敢えて2回入れた「Ain’t She Sweet」

61年、トニー・シェリダンとの「My Bonnie」レコーディング時のビートルズのみによる瑞々しいテイク。69年、『アビー・ロード』レコーディング時のジャムからの思いっきりレイド・バックしたテイク。

ビートルズというバンドの歴史の深みを考えてしまう、ふたつの「Ain’t She Sweet」

どっちもいいな~。

他の人のことは知らないが、俺はこういうふうにしか音楽を聴けない。特に思い入れ強いモノに関しては。

そうそう、ビートルズといえば、今朝のめざましTVで知った、斉藤和義の新曲のPV

コレ、サイコーだね。

濱田岳、リンゴ役ハマり過ぎ。ますますファンになっちゃうな。

|
|

« HERE COMES THE SUN | トップページ | Sense of Wonder 2010 »

日本のロック」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

BEATLES」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、こんにちは。
このアンソロジーシリーズ、実は未聴なんです。ボリューム感に圧倒されたのと、なんだか未完成品をマニア向けに商売したような感じが鼻について。それに、当時金もなかったし(笑)、それは今もないか。
でもなんか良さげですね。“俺のキッチンから出ていけ”なんてタイトルだけでそそられてしまいます。

投稿: goldenblue | 2010年4月 8日 (木) 08時04分

>goldenblue様

え~っと、おっしゃるように、未完成品をマニア向けに商売したようなカンジです(笑)
周りの熱に踊らされて買いました、俺は(笑)
でも、まぁ良かったですよ。部分的には。

“俺のキッチンから出ていけ”?
ブックレットの対訳じゃ
“俺の仔猫に手を出すな”
となってました。
goldenblueさんの解釈の方がカッコイイ気もしますね。

投稿: LA MOSCA | 2010年4月 8日 (木) 22時10分

Kittenだったのですね。kitchenだと思ってしまいました(笑)。
調べてみたら確かに、「俺の子猫にちょっかいだすな、俺はブルドッグだぜ」みたいな歌詞でした。
you tubeで見たんですが、めっちゃかっこいいロックンロール!ジョン節全開ですね。

投稿: goldenblue | 2010年4月10日 (土) 12時47分

>goldenblue様

“俺のキッチンから出ていけ”の方がカッコイイような気がしますね(笑)

うん、ジョンここにあり!ってカンジですよね。


投稿: LA MOSCA | 2010年4月10日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/34108880

この記事へのトラックバック一覧です: Ain’t She Sweet:

« HERE COMES THE SUN | トップページ | Sense of Wonder 2010 »