« 偉大なるロックン・ロールの詐欺師 | トップページ | すべてのものは神聖 »

僕は待ち人

待ち人現れず。

やっぱり、“異常な期待は羞恥の念”ってことだな。

まぁ、先は長いし、焦らず気長に待とう。テキイージー。

Dscn3787

エレカシも全く動向追わなくなっちゃったな(こんなんばっか)。「ガストロンジャー」のシングル買ったのが最後、ってもう10年以上前かよ?!デヴューからずっと聴いてたけど、96年の『ココロに花を』で止まっちゃって。

浮世離れしてて異端で孤高なバンドが、こういう開かれた歌を唄い出したのが新鮮ではあったのだけど、それがずっと続くとね・・・。

エアロの『パーマネント・ヴァケイション』やレッチリの『カリフォルニケイション』以降にも同じようなことを感じたんだよね。えっ?ずっとコレ?みたいな。

画像の『Ⅱ』は1stの勢いもありつつ、その後、数枚に亘って続く、異端さの片鱗も顔を出し始めた最高傑作だと思う。

全編が良いんだけれど、何と言ってもラストの「待つ男」

圧巻。こんなのそれまで聴いたことなかった。

エレファントカシマシ「待つ男」

動画は08年、ウチの近くで毎年やってるROCK IN JAPANより。リリースから20年を経ても有効だね、この曲は。

Dscn3786

本日の記事タイトルに拝借したのは、この問答無用の名盤に収録の問答無用の名曲の邦題。なかなかの名邦題だと思う。“レキシントン125番で売人を待ってる”というサイテーな唄だけど、曲もカッコイイ。

さぁ、今から延び延びになってた、パティの『ドリーム・オブ・ライフ』観ようかな。

|

« 偉大なるロックン・ロールの詐欺師 | トップページ | すべてのものは神聖 »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

久々のカキコにて失礼イタシマス~!!

私もエレカシは「Ⅱ」が最高傑作だと思ってマス。当時、NHK-BS「BAND STAND」か何かで初めてエレカシの「待つ男」を観て衝撃を受けマシタ。

ちなみに、このアルバムの中では「太陽ギラギラ」が一番好きデス。

あと、1stアルバムと2ndアルバムとの間にCDシングルだけで発売された「ふわふわ」って曲も、エレカシらしくて好きデシタね~!!

投稿: Mr.エレクト | 2010年4月12日 (月) 07時28分

>Mr.エレクト様

エレさん、お久し振りです!
まだ読んでくれてたんですね~。
嬉しい!

あっ、「太陽ギラギラ」!
俺も大好きです。
昔、『生活』の頃かな?
渋公かなんかで観た時、終演後
「今日、太陽ギラギラやんなかったね」と言ってる人が居て、思わず抱きしめたくなったの思い出しました。

「ふわふわ」!コレもよかったですよね!
♪うるせぇ だまれ ボケなす 俺に命令するな♪
ってヤツですね。

投稿: LA MOSCA | 2010年4月12日 (月) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/34166710

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は待ち人:

« 偉大なるロックン・ロールの詐欺師 | トップページ | すべてのものは神聖 »