« すぐスマイルするべきだ 子供じゃないならね | トップページ | ガングロジジイ »

奥行きの深い週末/「月が昇れば弾き語る」を観る

今週は土日連休。気付いたら、四週連続連休。こうなるとGWの頃はあんまり休めないな、きっと。ここんとこ指定休みたくさん入れたし、GW、別に用ないからいいけど。

昨日は昼間、ヤボ用を済ませ、夜は恒例(つっても久々だ)、Mクン宅にお泊りして呑む。

Dscn3821

今回のネタはコレ。2ヶ月くらい前にTV放映版をkenboさんから廻してもらって観てたけど、数曲カットされてたし(大好きな「Summer Days」も!)せっかく売りが出るならってことでMクンが購入。

期待してた「Summer Days」は割とアルバム・バージョンに忠実なアレンジで、ちょっと肩透かしだったけど、全体にとてもいいな、このライヴ。最初からガツーンと盛り上げるというより、序々に盛り上がってくカンジがナチュラルでいかにもこの人っぽい。前にも書いたけど「バカにすんなよ!」のアドリブの歌詞はやっぱりサイコーだ。名曲「歌うたいのバラッド」は俺も好きだけど、こういう情感こめる曲は難しいのか、なかなか“コレッ!”って思えるバージョンが(実際に観た2回も含めて)なかったんだけど、今回のはいい!ひょっとすると一番。コレに匹敵するのは『Golden Delicious Hour』のバンドを伴ったライヴ・バージョンじゃないかな?キースもよく使う、ちょっと小ぶりなアコギの音色がとてもいい。唄も魂入ってるカンジで沁みるなぁ。

コレ観た後は、予想に反してまだまだ続く、俺のどうしようもないグジュグジュに対するMクンの毒舌がいつものように冴え渡り、相当言われたけど、ちょっとホッとする。“まだ終わってねえぞっ”って。どんだけ神経ず太くてバカなんだかね、俺も(笑)

今日は午前中に帰ってきて昼食後にウォーキング。昨夜の暴飲暴食にビビッて多めに歩く。途中で寄った本屋でクィック・ジャパンの最新号を少し立ち読み。第2特集が「アニメ版『銀魂』」。ずっと前に、編集の小西が望んでたことが現実になっちまった(笑)面白れーなぁ。

ウォーキングから帰ってきたら、Pクンからこんなモノが届いてた。

Dscn3822

Pクン、ホントにいつもありがとうね。タップリ楽しませてもらいます!

Dscn3823

今夜は今から、昨日買ってきたCROSSBEATの最新号を読もう。そうか、なるほどね。先月、60年代特集だったもんね。当然、こうくるよな、の70年代特集号。そうすると来月は80年代?ビートルズ、デヴィッド・ボウイときたら、次の表紙は、スミス、U2、プリンス、ガンズ、ストーンローゼズのどれかかな?また買っちゃうんだろうな(苦笑)

|

« すぐスマイルするべきだ 子供じゃないならね | トップページ | ガングロジジイ »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

銀魂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/34286170

この記事へのトラックバック一覧です: 奥行きの深い週末/「月が昇れば弾き語る」を観る:

« すぐスマイルするべきだ 子供じゃないならね | トップページ | ガングロジジイ »