最近のトラックバック

« 稲中フォーエヴァー | トップページ | エメラルドの砲撃 »

2010年5月30日 (日)

まるで生きもの・・・/Sense of WonderのLOSALIOS

昨日は笠間でSense of Wonder

朝イチに近くで外せない仕事があって、そこから直行したMクンと会場ゲート前で10:00過ぎに合流。

Dscn3949

Dscn3950

前日の良い陽気とうって変わって超寒い。まるで冬。「これじゃ、ビールなんか呑めねえよなぁ」と言いつつ呑みまくり。途中からワイン、缶チューにしたけど。

俺らの目当ては何と言ってもLOSALIOS。ロザが始まる14:20分まで大いに呑み食いしながら他のアクトを斜め観る。

好みの問題もあると思うけど全然グッとくるの無し。心配してたとおり、酔ってきて、売り子やなんかに(軽くだけどね)絡みはじめたMクンを止めたりしつつ、ロザ登場を待つ。

時間近くなって、ステージ前方に移動した直後、メンバーが登場してリハが始まる。スタッフ連中も出てきた、と思ったら見慣れた顔が。

あのシールド持ってフラフラしてるのはBUZZクンじゃないかぁ。なんて、ホントは彼のtwitterを(こっそり)チェックしてるんで知ってたけどね、バイトしてるのは(笑)

達也のセットが超シンプルなのにMクンと二人でウケる。1タム、2スネア、バスドラ1、ハイハット1にシンバル1。

一旦、捌けてほぼ定刻にスタート。初っ端から「snake and steak」!曲が終わったトコで加藤クンが「燃えてきたぁ~!」

そんなん言われたらこっちも燃えちゃうって。

hit man」、「エメラルドの砲撃」(コレが凄かった!)、「REPO MAN」、「アナコンダ」、「SICK」と続く。(曲順、うろ覚え。抜けてるのもあるかも?)

3曲目が終わったあたりで、突っ走りそうな加藤クンをなだめる達也。自分が突っ走っちゃうこともあるクセにね(笑)

生ロザ観るのは2回目なんだけど、何というか、昨日は完璧だったな。前に一列ってトコで観てたんで表情までよく見えたんだけど、やたら楽しそうに演奏してた、メンバー全員が。アイコンタクトも多くてね。というか、加藤クンなんかほぼ真横向いて弾いてたんじゃないか?こういうの観るとこっちも盛り上がるよね。本人たちも手ごたえありだったんじゃないかな?

楽曲も演奏内容も決まってるんだろうけど、決め事どおりやってます、ってカンジじゃなく、その時の感情で進んでくカンジがして、まるで生きもののよう。バンド自体が。

「HAE」やって、「まだ時間あるみたいなんでもう1曲」という加藤クンの言葉の後、「IQ69」、そしてお約束の、あの最後の曲。スゴイスゴイ。

約一時間とはいえ、これだけ中弛み、まるっきり無しのライヴも個人的には珍しい。今まで観た全ライヴでも5本の指に入るぐらい素晴らしい内容だった。いや~、スゲーバンドだわ、LOSALIOS。

ここでほぼ燃え尽きちゃった感じだった俺たち。後は、ZAZEN BOYSのアタマ観て、移動してmi-gu観て(やっぱりスゴイドラマーだった!)、更に移動してタテタカコ(あの、誕生日がどうこうって曲が凄かった)少し観て、寒さもあって完全にダウン。ボアダムスも観たかったけど、開始までにかなり時間あったんで、ここで帰ってきた。

Dscn3951

友部駅までのシャトルバス乗り場が、スタッフの説明聞いてもイマイチ判んなくてそうとう彷徨ったけど無事、帰還。や~、楽しかったなぁ、寒かったけど。

来年もここであるかな?コレ。

Dscn3952

« 稲中フォーエヴァー | トップページ | エメラルドの砲撃 »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
LOSARIOSってすごいですね!

僕はオフィシャルサイトの『中村一人旅』は繰り返し
よく読んでまーす。( ̄ー ̄)ニヤリ
特にNO.60の話をなんども読んでまーす。
あっ、他も読んでます。( ̄▽ ̄)

>ちゅう吉様

すげーライヴでしたよ!
もう、圧巻としか言いようがないです。

「中村一人旅」面白いですよね~
ちゅう吉さんのコメ読んで、思わずno.60
読み直しました。
よいエピソードですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/34961466

この記事へのトラックバック一覧です: まるで生きもの・・・/Sense of WonderのLOSALIOS:

« 稲中フォーエヴァー | トップページ | エメラルドの砲撃 »