最近のトラックバック

« 例えばそれは俺なら・・・ | トップページ | 愛するためにはウソがいる »

2010年6月24日 (木)

極北のロックン・ロール

毎日、暑いねぇ。夜になってだいぶ涼しくなったけど、明日も上がるみたいだね、気温。

例年、今頃ってこんなに暑いんだっけ?今からこんなじゃ先が思いやられるなぁ。

歳とともに寒さにも弱くなっちゃったけど、やっぱり暑い方が苦手。

Dscn4018

涼しくなる音楽聴こうと思って選択誤った!

涼しいのを通り越して寒い(笑)

SUICIDE、77年の1st

マーティン・レヴのチープなシンセ&リズム・マシーンに乗せたアラン・ヴェガの狂った、でも醒めきったヴォーカル。

曲調はオーソドックスでシンプルなロックン・ロール・スタイルながら、まったくそういうふうには聴こえない、どこまでも冷たい異型の音楽。

レコード・デヴューは77年だけど、活動は71年から。まだNYパンクはおろか、ドールズさえもデヴューする前。

「GHOST RIDER」

「FRANKIE TEARDROP」

怖ろしいほどイカレた極北のロックン・ロール。

TVドラマ『Mother』終わっちゃったな~。予測通りの部分もあったし、スカッとはしなかったけど、なかなかいい終わり方だったんじゃないだろうか?

数字的には苦戦したようだけど丁寧に作られたいいドラマだったと思う。次のクール、何かいいのあるかな~?

« 例えばそれは俺なら・・・ | トップページ | 愛するためにはウソがいる »

テレビ」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35474608

この記事へのトラックバック一覧です: 極北のロックン・ロール:

« 例えばそれは俺なら・・・ | トップページ | 愛するためにはウソがいる »