最近のトラックバック

« 六糞木ヒルズ | トップページ | RC SUCCESSIONの忌野清志郎 »

2010年6月29日 (火)

BECAUSE THE NIGHT

Dscn4033

こないだ、Blueさんの『花田裕之50歳ライヴ』のレポ記事読んで、コメのやりとりさせてもらって思い出したコレを聴く。

花田のライヴでUAと一緒にやったのがコレのカップリング曲の「BECAUSE THE NIGHT」だったそうだ。PATTI SMITH、78年、当時、恋人だったBRUCE SPRINGSTEENとの共作にして代表曲のカバー。

コレが出たのって96年の秋だけど、俺が聴いたのは翌97年。1月のPATTIの初来日観に行って、「もうじき母になるUAに捧げます」とか言って、この曲唄ったり、某雑誌に二人の対談が掲載されたのを読んだ後だ。

UAのバージョン

PATTIのオリジナル・バージョン

最近の(OLIVER RAYがギター弾いてるから5~6年前か?)のアコースティック・バージョン

ついでにSPRINGSTEENのバージョン

ちなみにSPRINGSTEENのは初来日と同年のモノ。来日公演でも披露されたようで、音楽評論家の水上はる子が観てて泣いてしまったと何かに書いてたのを読んだ記憶がある。SPRINGSTEENが日本で売れる前から熱心に紹介して、NYに一時滞在してた頃、デビュー前のTELEVISIONのドラマー、BILLY FICCAと同棲中、PATTI(&TOM VERLAINE)とフラットを分け合って住んでた人だ、無理もないだろう。

ついでのついで、昨年のロックン・ロール・ホール・オブ・フェイムのU2のステージにPATTIとSPRINGSTEENがゲスト参加した時のバージョン

どれもいいな~。まぁ、曲がいいからね。

そうそう、UAのシングル、表題曲「雲がちぎれる時」もいいんだよなぁ。

バックのメンツ、花田、井上、池畑+プロデューサーの朝本浩文でさ。朝本って確か、元MUTE-BEATで、ROOSTERZのライヴでサポート参加とかしてたから、その繋がりだろう。花田のギターが『DIS』とか『PHY』の頃みたいでサイコーだ。

よし、今から『11』聴こう。

« 六糞木ヒルズ | トップページ | RC SUCCESSIONの忌野清志郎 »

日本のロック」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35575948

この記事へのトラックバック一覧です: BECAUSE THE NIGHT:

« 六糞木ヒルズ | トップページ | RC SUCCESSIONの忌野清志郎 »