« おまえの愛が必要さ | トップページ | 光だけが光じゃない »

2010年7月 5日 (月)

『アウトレイジ』、シンディー・ローパーのベスト、そして今週の『銀魂』

昨日の夕方、『アウトレイジ』を観てきた。

先に観てきた友人Mクンが「つまんなかった~。観に行かなくていいと思うよ」と言ってけど、やっぱり観たくてさ。

今回の作品、たけしの映画にしては、今までになく公開前の煽りも派手だったし、本人も相当自信あるっつうか力入れてんなぁってカンジで、Mクンは“とんでもない映画じゃないか?”と過剰な期待を持ってたのに肩透かし食ったみたいだ。

俺もそういう気持ちは持ってたけど、Mクンの感想とメディアで見たたけしの「ストーリーよりいかに殺すかに力入れた」って言葉も頭にあった所為か意外と楽しめた。あまりにも先の読める予定調和な展開とたけしのセリフ回しの下手さは俺も感じたけど、それを差し引いてもよかったと思う。

こういう悪くてクズなキャラクターばかりだと、そんなヤツでもこういう一面(ヤクザもんだと義理人情とか)もあるよ的な見せ方が普通だと思うけど、それもなく本当にクズばかりで。

ネタばれになっちゃうんで細かい言及は避けるけど、たけし演じる大友の、エンディング近くのクズ丸出しのシーンなんか、この徹底したクズっぷりが一番見せたかったトコなのかなと思わされたね。

あとね、俺も陰気な性格なんで、日常生活で腹が立ったりすると“コイツ、こうしてやろうか!”と頭の中で酷い想像しちゃったりするんだけど、意気地がなくて出来ないから、こういうの観ると爽快なんだよね。そういうのは俺だけじゃないだろうけど。コレ、実際やったら犯罪者だもんね。

キャストで特に光ってたのは國村隼演じる池元。コイツがクズの中のクズ。リアリティー溢れる名演だと思う。

Dscn4044

帰りに立ち寄った映画館近くのBOOK OFFが充実の品揃えでビックリ。手持ちが少なかったのであまり買えなかったけどいい買い物が出来た。後々、小出しにして紹介していこう。

画像は、その前日の土曜にウチの近くの中古屋で¥100で手に入れたシンディー・ローパーのベスト。彼女の作品は今まで買ったことなかったけど、昔、そちこちで散々聴いた曲ばかり。今聴くとサウンドは若干古臭いかもしれないけど、いいんだよねぇ、唄が。マドンナとかと比較して何処が違うんだろ?と考えたんだけど、声に哀しさがにじみ出るトコかな?「シー・バップ」と「タイム・アフター・タイム」は名曲だと改めて思わされた。

Dscn4042

今週の『銀魂』

実はあまり期待してなかった、先週の続き。コレが意外に面白かった。笑いあり、ホロリとさせられるところありで。“ウンコ投げられ機、確保”ってのが下品でサイコー。オチも後味よかった。

来週も期待しちゃおうっと!

|
|

« おまえの愛が必要さ | トップページ | 光だけが光じゃない »

映画」カテゴリの記事

銀魂」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

ラモさんと同じ映画館で「RAILWAYS]を観て来ました。観たい映画が同じ時は一緒に行きたいですね。

投稿: P | 2010年7月 6日 (火) 14時44分

>P様

おっ、アレ観たんだ?
面白い?
うん、また何か行こうね
つうか何で敬語?
気味悪いって!(笑)

投稿: LA MOSCA | 2010年7月 6日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35648200

この記事へのトラックバック一覧です: 『アウトレイジ』、シンディー・ローパーのベスト、そして今週の『銀魂』:

« おまえの愛が必要さ | トップページ | 光だけが光じゃない »