« 橋の下で | トップページ | 2010年があっという間に過ぎてゆく »

キュートなハートに少しは傷をつけたい

自分で書いてて恥ずかしいな、今日の記事タイトル(笑)

Dscn4094

自分の昨日の記事に影響を受けて(笑)コレを聴く。

ROOSTERZ、88年のラストアルバム。

池畑、井上に続きリーダーの大江が離脱した後も、最初から最後まで居た、たったひとりのルースター、花田。このアルバムで花田が書いた曲は10曲中3曲。ある意味、離脱直前の大江みたいな状態。もうギリギリだったんだろう、いろんな意味で。

ROOSTERZ/LADY COOL

うろ覚えだけど、この曲を持ってきた花田に対して下山が「ニール・ヤングとか言うけどさ、こんな弾き語りみたいな曲持ってこられてもさぁ。バンドなんだし」みたいなこと言ってた、当時のインタビューで。袂を分かった原因的な曲。でも、その下山のギター・ソロ(2回目の方ね)が熱くていいなぁ。で、今、ROCK’N ROLL GYPSIES名義でまた一緒にやってるのもいい。

解散コンサート(行ってないけど)、アンコールで大江含むオリジナル・メンバーが揃いぶみして3曲だかやって大盛り上がりした後、解散時のメンバーだけで最後にこの曲やったのは花田の意地だよね、きっと。

この恥ずかしくてクサイ歌詞は柴山の影響大だろうね。

大好きだ、この曲。

Dscn4095

で、今からは、自分の娘ぐらいの歳の子に刺激されてコレを観る。

何度も何度も観てるけどサイコーだからさ、コレ。

|

« 橋の下で | トップページ | 2010年があっという間に過ぎてゆく »

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35935081

この記事へのトラックバック一覧です: キュートなハートに少しは傷をつけたい:

« 橋の下で | トップページ | 2010年があっという間に過ぎてゆく »