« 2010年があっという間に過ぎてゆく | トップページ | すべては胸の中に »

月が一番近づいた夜

髪を切った。白髪を染めた。ロキノンを読んだ。昼寝してしまった。リバウンドしつつある体重にビビッてちょっとウォーキング。そんな一日。

カワイイ、娘みたいな子のツィート読んでROBERT QUINEを思い出す。

Richard Hell and the Voidoids: Blank Generation

俺とクワインの出会いの曲であり、大事な大事な大好きな大好きな1曲。33年前の話。

Lou Reed - Coney Island Baby

ヘルもクワインも憧れてたであろうNYアンダーグラウンド・シーンの元締め、ルー・リードとの共演。この曲、スゲー好きでオリジナル・バージョンもコレの前の『テイク・ノー・プリズナーズ』のバージョンも大好きだけど、コレもクワインの泣きのギターが冴える素晴らしいバージョンだ。後に『クワイン・テープス』というアルバムが出されるくらい、ヴェルヴェットの追っかけだったクワイン。ルーにステージから「テープの準備はいいか?」と言われたこともあるようだ(笑)その後の共演で嫌というほどルーの嫌なトコ知ってしまったみたいだけど(苦笑)

Matthew Sweet- Girlfriend 1992

今現在の俺の超フェイバリット・アーティスト、マシュー・スウィートも聴く切っ掛けはクワインとリチャード・ロイドが作品に参加してたからだった。最初、この曲聴いた時、笑ったよ、あまりのクワインらしいギターに。

斉藤和義―I'M YOUR MAN 

今現在の俺の、邦楽の超フェイバリット・アーティスト、斉藤和義。リチャード・ヘルの曲を本家クワインを従えて日本語でカバー。この日本語詩がまたいい。

Dscn4097

そして今からコレを観よう。シオン、93年12月のクワインを招いてのライヴ映像。スゴイ近い日程にテレンス・トレント・ダービーの初来日公演があって、そっっちに行っちゃって観れてない・・・。鬼後悔。

SION with Robert Quine / 月が一番近づいた夜 '93 12 03 at 渋谷公会堂

うーん、いいなぁ。

|
|

« 2010年があっという間に過ぎてゆく | トップページ | すべては胸の中に »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35972811

この記事へのトラックバック一覧です: 月が一番近づいた夜:

« 2010年があっという間に過ぎてゆく | トップページ | すべては胸の中に »