« ビンボー人の楽しみ方 | トップページ | それが 劇的じゃなくても »

I need a love to keep me happy

今日は比較的、涼しかったね。どこにも出かけずに一日中、家に居た。

ヒマだったんだけどさ、耳の調子があまり良くないからウォークマンしたくなかったので、ウォーキングもサボリ。

昨日、レンタルしてきた北野監督作品2作を続けて観る。どっちも映画館でも観たし、TV放映を録ったVHSでも何度も観たけど、改めて久々に観て、やっぱりスゴイと思った。『その男~』なんてデビュー作なのに、荒削りながらも独自の世界が完成されてるし、『HANA-BI』も怖ろしいほどクォリティー高いと思う。両方、日本映画にありがちの、劇的にいろいろ起こるけど最後はハッピーエンドな展開に反発するように、淡々と救いようのない絶望的なことが続き、最後まで・・・ってのがいいな。よく上辺だけで“頑張れば何とかなる”みたいなこと言うヤツ居るけど、その嘘くささを暴いてるというか。頑張ってもどうにもならないことって沢山あるでしょ?そこがリアルだよねぇ。よし、次は『ソナチネ』借りてこよう。

Dscn4052

やはり、昨日買ってきたROLLING STONEを読む。まだ、72年『ならず者』リリース当時のアーカイブ記事残ってるけど、カバー・ストーリーの「ならず者が生まれた日」は読み終えた。かなり面白い。ストーンズって、作品やライヴだけじゃなく、こういうメディア媒体でもいつも楽しませてくれてさすがだな。

Dscn4059

『ならず者』、俺が購入したのは、DVD、アナログ無しのデラックス・エディションの方だったんだけど、心ある方からのご提供でDVDは観れた。

字幕は無いものの、カッコよくて痺れるね。何せ、72年のストーンズだもんなぁ、悪いわけないよな。

“あの”お蔵になった『LADIES&GENTLEMEN』からのライヴ・シーン。「HAPPY」演奏中にセンター・マイクで絡むミック&キース。二人とも若くて輝いてるなぁ。サイコーにカッコイイ!

映画『STONES IN EXILE』、茨城には来ないだろうなぁ。DVDの発売を待つか。

|

« ビンボー人の楽しみ方 | トップページ | それが 劇的じゃなくても »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I need a love to keep me happy:

« ビンボー人の楽しみ方 | トップページ | それが 劇的じゃなくても »