« 月が一番近づいた夜 | トップページ | 無口になって僕はふさわしく暮らしたい »

すべては胸の中に

今日は娘のダンスを観に実家のある隣町まで出かける。

12~25歳まで住んだところとはいえ、当時の面影ほとんど無いし、秘かに予測してた古い知り合いに遭遇するってことも無かったしで、あまり“地元”ってカンジもしなかった。ダンスの先生はじめ、今の仕事で絡みのある人には何人か会ったけどね。

つうか、昔はこの町と何の接点も無かった嫁の方が、現在、この町で働いてることもあって顔見知りにやたら遭遇してた。面白いもんだね。

帰りがけにラーメン食って、そっから家族と別れてひとり、歩いて帰る。30分ほどかけて。ウォークマンに入れたばかりの、斉藤和義@武道館2010のDVD音源聴きながら。「月影」(コレは04年の弾き語りバージョン)にグッときて思わず泣きそうになる。ノスタルジックな中にも前を向いてるこの曲、大好きだ。

Dscn4096

親友MクンがDVDから音だけ抜いてCD-R化したモノ。こんなモノにまで、すぐジャケット作らないと気のすまないバカな俺(笑)

いやぁ、でも音だけだと、また印象違っていいね。このライヴ、ホントにサイコーだなぁ。

そうそう、娘のダンス。

今日はまあまあかな?終了後、カキ氷をねだられて買ってあげる。帰りに寄った店で調子に乗って香水もねだる。

ふざけてんじゃねえよ!俺も金ねえんだよ!次、なんか頑張ったら、その時は買ってやるからさ(苦笑)

|
|

« 月が一番近づいた夜 | トップページ | 無口になって僕はふさわしく暮らしたい »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35983632

この記事へのトラックバック一覧です: すべては胸の中に:

« 月が一番近づいた夜 | トップページ | 無口になって僕はふさわしく暮らしたい »