最近のトラックバック

« すべては胸の中に | トップページ | A CHANGE IS GONNA COME »

2010年8月 2日 (月)

無口になって僕はふさわしく暮らしたい

ここんとこ、『アウトレイジ』に前後して北野監督のバイオレンス系の作品をいくつかDVDで観直したりしたんだけど、やっぱり、デビュー作の『その男、凶暴につき』が一番好きだな。『HANA‐BI』の方が完成度高いかもしれないし、エンターティメントって意味じゃ『BROTHER』あたりの方がクォリティー高いのかもしれないけど、コレ、最初に観た時の衝撃はデカかったからなぁ。

映画館で最初に観た時も印象に残って、今回、DVDで観ても身震いするほど“ひぇ~、こわ!”と思った、白竜演じる殺し屋清弘のセリフ。

ヤクの売人に値下げ交渉を持ちかけられ「仕方ないな」と言った直後、腹を何度も刺し続けながら「あんちゃん、変な夢見るんじゃないよ。分相応に生きなきゃな」と囁く。

この映画の中でも名シーンのひとつだと思う。

で、今の俺には耳が痛いんだ、このセリフが。

こないだ、久々に聴いたROOSTERZの「LADY COOL」にも♪身のほど知らずに深みに落ちる底なしの日々♪って歌詞があって沁みたなぁ。

最近、年甲斐もなく取り乱し過ぎだからな、俺。肝に命じよう。

Dscn4100

どうしても触れなきゃ気がすまない“今週の『銀魂』”

さっちゃんが健気でカワイイ。予測のついた展開ではあるものの、そうか、全蔵が居たよな。これだけ絡むとは思わなかった。クールを装いながらもほっとけなくて、銀さんたちに振り回されるコイツはカッコ悪くてカッコいい。続きも楽しみにしてよう。

« すべては胸の中に | トップページ | A CHANGE IS GONNA COME »

日本のロック」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

銀魂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/35999451

この記事へのトラックバック一覧です: 無口になって僕はふさわしく暮らしたい:

« すべては胸の中に | トップページ | A CHANGE IS GONNA COME »