« The Holy or the broken Hallelujah | トップページ | Wouldn't You Miss Me? »

2010年9月 9日 (木)

ただ うろたえる

相変わらず、自分で書いた記事に刺激されて所有音源を聴き返すことが多いんだけど、今夜は『LA MOSCA的“日本のロック 80年代ベストアルバム”』で紹介した1枚のコレ。

Dscn4362

あぶらだこ、85年、メジャー・リリース第一弾の通称『木盤』

これより以前にADKからソノシート(’83)、12インチ(’84)の2作品が出てて、個性的ながらもハードコアの範疇で認識されてたあぶらだこ。実際にライヴもハードコア系のバンドとの共演が多かった。

この『木盤』の製作前に、メンバー中、もっとも他のハードコアのバンドと交流のあったドラマーのマルが脱退し、ラフィン・ノーズに加入。正式加入ではなくサポートではあったが、レコーディング及びその時期のライヴには、当時パイディア(ポジティヴパンクのバンド)で後にYBO2、ルインズなどで活躍する凄腕ドラマー、吉田達也が参加。対バンもポジパン系が増えた。

そういえば、84年の後半(11月ぐらいだったかな?)、現JIG HEADのリョータさんや現ピロウズのしんいちろうさんなんかに連れられて高円寺のつぼ八で呑んだ時、ヒロトモ、イズミ、吉田の3人と出くわしたことがあった。一番端っこで上手く混ざれてなかった俺の隣りにヒロトモが居て、なんだのかんだの話しかけられた。まぁ、からかわれてたんだと思うけど嬉しかったな。よそ見してた俺の酒、取ろうとしてたけど(笑)

話を戻そう。

確かに、初期2枚にあった、どこかコミカルな要素は後退し、シリアスさというかダークな部分が目立つようになったのはここからだ。

ここでディープなパンク・ファンが結構離れたのは、お決まりの“メジャーに行ったから”という理由だけでなく、この音楽性の変化が大きく影響してたと思う。

勿論、根っからダウナーな俺(笑)は逆にここから更にハマッたんだけど。

重苦しい祭り太鼓のようなドラムで始まる1曲目の「FARCE」から最後まで、全部の曲が、その流れも含めて良いのだけど、いつものヒロトモの怪鳥ヴォイスじゃなく、不安定な震える声で珍しくメロディーを唄う9曲目の「PARANOIA」が取り分け印象に残る。その後、ポツポツと顔を出す、日本のアングラ・フォークにも通ずるような叙情性を持つ曲の奔りじゃないかな?この半音たりないというかずれてるカンジがたまらなくいい。

というか、コレの前、アルバム中、一番、分裂症的な8曲目の「BUY」からコレ、そしてラスト10曲目の“あの”空恐ろしい「翌日」の流れがスゴイ。

あぶらだこ―PARANOIA

あぶらだこー翌日

うーん、やっぱり「翌日」スゴイなぁ。

頭から聴いてくと、全ての曲がこの曲の前フリというか、全部がここに繋がる為のモノって気さえしちゃうぐらいスゴイ。7分半の曲中、ヒロトモのヴォーカルが出てくるのは、後半2分ぐらいだし、歌詞は青い太陽はどこにでもいるし 宇宙のように生きたいと思うしだけなんだけど、圧倒的な存在感。

もっと紹介しちゃおう。

1曲目の「FARCE」

4曲目の「象の背」

以前、ここで触れたこともある(異常な期待は羞恥の念)5曲目の「生きた午後」

スゴイね!怖いくらいに。

あっ、そうそう、「翌日」の曲名の由来って“あまりの過剰な曲調に、メンバーがレコーディング翌日、筋肉痛になったから”って話を何かで読んだことがあるんだけど、コレ、信じていいのかな?ホントだとしたらこれまたスゴイ(笑)

|
|

« The Holy or the broken Hallelujah | トップページ | Wouldn't You Miss Me? »

日本のパンク」カテゴリの記事

コメント

僕もこれが一番ですね。CDでも買おうかな。呑み屋のエピソードがいいですね。

投稿: yas | 2010年9月10日 (金) 00時34分

うお あぶらだw
俺もこのアルバム好きっすよ

Paranoia好きだな~
43回目の春ってのが
ずっと気になってて
自分の年が近づいてくるってのがなんか怖いw

投稿: 支笏湖 | 2010年9月10日 (金) 01時26分

>yas様

俺もCDは持ってないです。
友人がアナログから起こしたCD‐Rのみで。

つぼ八のエピソードは良い思い出です。
俺が着てたジャケットを褒めてくれました。
「カッコイイね、それ」
まぁ、冗談かもしれませんが(笑)

>支笏湖様

「Paranoia」いいですよね。
妙に残るんですよね、この曲。

43回目の春ね。
俺は越えてしまいました(笑)

投稿: LA MOSCA | 2010年9月10日 (金) 21時39分

名作中の名作ですよね。
初めて『翌日』聴いた時は震えが止まりませんでしたわ。
ドラムのよっしーとは当時仲良しで、一緒にスタジオ入って遊んだり、仏像の講釈を聞かされたりしてました。
スティック持つとまさにキ◯◯イに刃物!(笑)
いやー天才でした。

投稿: shin | 2010年9月12日 (日) 15時58分

>shin様

へー、吉田氏とお知り合いだったとは!
仏像の講釈ってのが面白いですね~。
キ◯◯イに刃物って(笑)
でもスゴイですよね、ドラミング。
やっぱりコレは名作ですね!

投稿: LA MOSCA | 2010年9月12日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/36639344

この記事へのトラックバック一覧です: ただ うろたえる:

« The Holy or the broken Hallelujah | トップページ | Wouldn't You Miss Me? »