最近のトラックバック

« STRREET FIGHTING MAN | トップページ | I COULD BE WRONG,I COULD BE RIGHT »

2010年9月17日 (金)

WANDERING SPIRIT

ストーンズといえば、日本じゃ圧倒的にキースの方が人気あるよね、きっと。まぁ、俺も断然キース派なんだけどさ(笑)キースの最初のソロ『トーク・イズ・チープ』はストーンズ関連の最後の傑作だと思うし。

でも、ストーンズよりキースかと言うと、そうじゃない。ビートルズ・ファンの人は怒るかもしれないけど、昔、渋谷陽一が「ありえない話だけど、ビートルズとジョン・レノンとポール・マッカートニーのコンサートが同時にあったら、ジョン・レノンに行く。でも、ストーンズとミックとキースだったらストーンズに行く」と言ってたのにとても納得したこともあるしね。

Dscn4388

みんなが「ジョンがジョンが」って言うと「ポールもスゲーよ」と言いたくなる捻くれ者の俺、ストーンズに関しても同様。なんだかんだ言ってソロも聴いてる。

この1stと2ndはストーンズが険悪というか微妙な時期に出された2枚。

1stはビル・ラズウェルが6曲、ナイル・ロジャースが3曲をプロデュース(どちらもミックと共同)。ジェフ・ベック、ピート・タウンジェント、ハービー・ハンコック、スライ&ロビー、アントン・フィグなどミュージシャンも錚々たる顔ぶれ。

2ndはキース・ダイアモンドが5曲、デイヴ・スチュワート(ユーリズミックス)が4曲、これもミックと共同でプロデュース、ミック単独が1曲。ミュージシャンは前作と比較するとバンド形式っぽくて、ジェフ・ベック、サイモン・フィリップス、ダグ・ウィンビッシュなどが全面参加。ゲスト・プレイヤーが少々といったカンジ。

どちらも今、聴くと当時は最先端だったであろうサウンドが若干、古めかしいものの、曲もいいし、ミックのヴォーカルも生き生きしてて悪くない。個人的には2ndの方が好きかな?ストーンズっぽいリフが楽しい「THROWAWAY」や、キースのことを唄ったと思われるカントリー「PARTY DOLL」とか良かったし。

Dscn3679

2ndの後、ミックとキースが和解してストーンズも大々的に復活。大規模な世界ツアーを終えての休息期間に出されたソロ3rd。プロデュースはリック・ルービン。前2作もそうだけど、トレンド好きなミックならではの人選だね(笑)

コレが前2作程度のモンだろうとたかをくくってたら、とんでもなく良かった。「なめててスイマセン」と謝りたいぐらいに。

意識的にストーンズっぽさを排除してたような前2作と違い、吹っ切れたような雰囲気。素直で正直なミック・ジャガー。

参加ミュージシャンはフリー、レニー・クラヴィッツ、コートニー・パイン、ジム・ケルトナー、ビリー・プレストンなどの有名プレイヤーが少々。後は固定のバンド形式。ソロ・ライヴにも参加してる、トム・ヴァーラインの相棒、ジミー・リップ含む。

「MISS YOU」みたいな曲があったり、「無情の世界」みたいな曲があったりもするけど、全然気にならない。

特にカッコイイのは初っ端のワイルドなロックン・ロール「WIRED ALL NIGHT」、泣けるメロディーのカントリー「EVENING GOWN」、ロカビリーとゴスペルが混ざったようなタイトル曲「WANDERING SPIRIT」あたり。この当時、あまり聴けなかった、あの“ニチャッ”とした下品で粘っこいヴォーカルが復活してる。これぞ、ミック・ジャガー!

Dscn4389

ところが次の、もっかのところ最新作のコレは全然つまらなかった。またまた複数のトレンディーなプロデューサー、豪華な参加ミュージシャン(ジョー・ペリー、レニー・クラヴィッツ、ピート・タウンジェント、ボノetc)を迎えて製作されてるがひとつも“来ない”

このアルバムの4年後、8年ぶりにリリースされた本体、ストーンズのアルバム『ア・ビガーバン』もピンと来なかったし・・・。

最近はアーカイブものばかり出てくるし、ここで終わっちゃうのか?と少し心配。

ヨレヨレでもいいから無理のない今のストーンズを聴きたいんだけど、その望みは叶うのか?

頼むよ、ミック。

« STRREET FIGHTING MAN | トップページ | I COULD BE WRONG,I COULD BE RIGHT »

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、こんにちは。
そうそうGoddess in the Doorway、つまらなかったです。Wondering Spiritがめっちゃ良かったから見かけてすぐ買ったのに、つまらないからすぐ売ってしまいました。
ミックやキースが死んじゃう前に、ミックには渋いカントリーだけの、キースにはブルースだけのアルバムを作ってほしいのですが…でもそんなの作ったらもう引退になっちゃうか。

>goldenblue様

つまんなかったですよね、異常に。
なんか全然、内容憶えてないや(苦笑)
ミックが唄うブルース・カバー集とか、キースのレゲエだけとかも聴いてみたいです。
キリがないか?言い出すと。

【ゴッデス】はすぐ中古盤屋に売りました。やっぱ三枚目【ワンダリング・・・】いいよなぁ。
ジミー・リップ良い仕事してると思う。ビル・ウェザースの曲もミックにあってる。

>ロック仙人TF様

【ゴッデス】評判悪いなぁ(笑)
みんな、売っちゃうんですね、つまんないと。

ビル・ウェザースの曲って「USE ME」でしたっけ?
確かにズッパまりでしたよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/36795330

この記事へのトラックバック一覧です: WANDERING SPIRIT:

« STRREET FIGHTING MAN | トップページ | I COULD BE WRONG,I COULD BE RIGHT »