最近のトラックバック

« COME AS YOU ARE | トップページ | Black Beauty I Love You So »

2010年11月 8日 (月)

昼間のパパは男だぜ

Dscn4491

今週の『銀魂』

先週から続く、松平のとっつあんと娘の栗子、そして何故かそれに絡む家政婦・エヅラ子のエピソード。

ほぼ予想通りの展開なちょっといい話だけど、いつもながらの、下品で低俗な小ネタがクドいほど仕込まれてて存分に笑わせてもらった。“コーン入りのとうきびウ●コ”(笑)下品過ぎるよ!サイテー(笑)

Dscn4492

先週同様、父親ネタの曲を、と思ってたらコレがあったね。作詞、糸井重里だけど。

この曲、リリースはおろか前情報も全然無い段階でCMで流されて。当時、まだ交際中だった嫁が先に観て教えてくれたの憶えてる。「本人も出ちゃってるんだよ~(笑)」って。

この頃から清志郎は何でもありになってたよね。この時は俺も面白がってたけど、こういうのが続くとちょっと閉口したりもした。そんな俺みたいな古い閉鎖的なファンに向けた「お兄さんの歌」なんてのもあったっけ。“やられた”ってカンジだった、アレ。

でも時が経つとそんな思いも消えた。そういうトコも新しい持ち味にしていく器のデカさに改めて魅力を感じたり。スゲーなぁ、この人って。

パパといえば、武道館の“完全復活祭”の最後にタッペイとモモちゃんが花束持って登場した場面。

DVDでカットされてたのは清志郎本人の意思だと思うけど、とても印象に残ってる。

“タッペイ、大きくなったなぁ”と思ったり、モモちゃんが泣いてるの見てもらい泣きしそうになったり。

Like A Dream - 忌野清志郎 (武道館 完全復活祭 弾き語り)

自転車に凝りだして「どこぞまで自転車で行くって言ったらタッペイに「夢みたいなことばかり言うなよ~」と言われたって話をどこかで読んだけど、もしかするとコレはそんなタッペイやモモちゃんに対して唄ったのかもね。

忌野清志郎 - プリプリ・ベイビー (ラフィータフィー)

この時、モモちゃん幾つだったんだろう?

あまりにも美しい親子のひととき。

俺も昼間、光って、いい汗かいて男になれるように頑張んなきゃ。

« COME AS YOU ARE | トップページ | Black Beauty I Love You So »

銀魂」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/37585595

この記事へのトラックバック一覧です: 昼間のパパは男だぜ:

« COME AS YOU ARE | トップページ | Black Beauty I Love You So »