« あなたの言うこと あたっているので とってもつらいです | トップページ | 父よ、あなたは偉かった »

2010年11月 1日 (月)

吐き気がするほどロマンチック

Dscn4477

定期購読は、キリのいい今月でやめようと思ってるrockin’onの最新号を買ってきた。

『サンディニスタ!』、俺も最近、よく聴きかえしてた。タイムリーな特集。

Dscn4476

いや、最近というか『サンディニスタ!』は、ずっと長きに亘って聴き続けてるアルバムだ。80年のリリース時、高くて買えずにレンタル・レコードで借りてカセット・コピーしてから(3枚組だったからめんどくさかった)、そして8年後にCD化された時にようやく買ってから更に。

クラッシュのアルバムではコレが一番好きつうか、もしかすると俺はクラッシュというより『サンディニスタ!』が好きなのかも。

1stは、スゲーいいと思う時とそうじゃない時がある。ピストルやダムドには無い“泣き”の部分が原因かもしれない。

名盤と言われる『ロンドン・コーリング』も同様。いいのは判るけど、完璧過ぎるというか・・・。

『サンディニスタ!』は3枚組、全36曲で乱雑にいろんなタイプの曲が入ってる。レゲエ、ファンク、ロカビリー、ジャズ、トラッド、カリプソ、ワルツ・・・。ゲスト・ミュージシャンも沢山入ってて、ゲストがメインヴォーカルの曲もあったりする。なんか4人組のバンドというより“クラッシュ・コミュニティー”の作品ってカンジ。

よく言われることだけど、『ロンドン・コーリング』が『サージェント・ペッパーズ』だとすると、こっちは『ホワイト・アルバム』みたいだ。リリース時には賛否両論だったのに、後年、段々、評価されてくトコも似てる。

あとね、『ロンドン~』迄とジョー・ストラマーの唄い方が変わってきてると思う。イメージ的に“血管が浮き出てるカンジ”の叫ぶような唄い方じゃなく、倦怠感漂うボソボソした唄い方の曲が目立つ。「もしも音楽が語ることができるなら」、「ザ・コール・アップ」、「ブロードウェイ」なんか。

当時は、もっと元気のいい曲、ミック・ジョーンズの「ポリス・オン・マイ・バック」とかに惹かれたけど、この倦怠感にリアリティーを感じる。あの独特の“泣き”も軽減されてると思うし。

とは言うものの、アルバム中、1、2を争うフェイバリットは、ロマンチックでセンチメンタルな「叛乱ワルツ」だったりするんだけどね。なんだかんだ言って、このロマンチシズムが好きなんだな。当時、サウンド・ストリートで渋谷陽一が訳詩を朗読してたのを聴いた影響もあるけど、コレはスゴイと思う。

ミックとエレン・フォーリーがデュエットするモータウン調の「ヒッツヴィルU.K.」もサイコーだなぁ。

マリンバの明るい音色が心地よいカリビアン調ながら、第三世界諸国へのアメリカ、ソ連の軍事介入を激しく非難した「サンディニスタ!(ワシントンの銃弾)」もいい。歌詞を深く理解してる訳じゃないけど、ミーハーにイメージ的にカッコイイ。

さて記事もでっち上がったし、ロキノン読もう。さっき、第2特集の「パンク・ソング、究極の10曲」(ジョイ・デヴィジョンの「アイソレーション」があるのがいいな)のダムドの「ニュー・ローズ」のトコ読んで激しく同意。そうそう、あの“おバカ”なトコがダムドのよさだよなぁ。さすが中込智子!

Dscn4473

この扉の写真、殺人的にカッコイイよね?(勿論、ペニー・スミス撮影)

こっち、表紙にすりゃいいのに。

|
|

« あなたの言うこと あたっているので とってもつらいです | トップページ | 父よ、あなたは偉かった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

PUNK」カテゴリの記事

コメント

昔はお金がなくていつも弟とお小遣いを出し合ってレコード購入したものです。
で嫁に行く時、共有財産であるレコードを分配したの。
私が白い暴動とロンドンコーリングとコンバット、弟がサンディニスタ!
以来、なんとサンディニスタは聴いていない‥。
これってパンク女失格よね。ねっ(泣)
そんなの絶対やだから聴きます。

最近のROはレコ会社の回し者みたいなので読んでません。
でもニューローズのとこ、立ち読みします^^

投稿: shin | 2010年11月 2日 (火) 22時51分

ROの定期購読は前世紀が終わる頃に止めましたが、この記事を読んで、成田空港の本屋で買って、出張の機内で読みました。写真だけでも持っていたいと思って買ったのですが、記事もしっかり読み応えがありましたね。原文読んでないけどきっとこれは誤約だろうというのがいくつかありましたが、でも興味深い話が多かった。家帰ったら久しぶりにサンディニスタ聴こう。LPぐるぐるひっくり返して。

投稿: yas | 2010年11月 3日 (水) 01時18分

>shin様

弟さんとのレコ分配エピソード、微笑ましくていいですね。

俺の知人にも同じような話、聞いたことあるよ。
「兄貴に美味しいトコ持ってかれちゃって」みたいな(笑)

「サンディニスタ!」俺は大好きです。
ある意味、クラッシュの全作品中、一番、パンクだったんじゃないかなぁ?と思ったり。
でもパンク女、失格ってことはないんじゃないの?(笑)

最近のロキノンの回し者臭は俺も鼻につくけど、今月はよかったよ。


>yas様

俺、まだ読み終えてません・・・。
でもパラパラ見てもよさそうでした。
今夜、読みます!

おお~!『サンディニスタ!』、アナログで持ってますか?
羨ましい。


投稿: LA MOSCA | 2010年11月 3日 (水) 21時47分

クラッシュって、ロンドンパンクの中ではとびぬけてファッションセンスよかったよね。
なるほど、『サージェント・・・』と『ホワイトアルバム』か。
あとエレン・フォーリーのアルバム、プロデュースがイアン・ハンターだったね。
サンディニスタはやっぱアナログで聴きたい。棚から出さなきゃ。

投稿: ロック仙人TF | 2010年11月 4日 (木) 15時35分

>ロック仙人TF様

ファッションセンス・・・。
確かにカッコイイと思う時もありつつ“ダセーなぁ、キメキメで”と思うこともありました、俺は。
個人的にはピストル(つうかロットン)の方がカッコイイと思ってたかなぁ。

みんなアナログで持ってるんですね・・・(悔)

投稿: LA MOSCA | 2010年11月 4日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/37490166

この記事へのトラックバック一覧です: 吐き気がするほどロマンチック:

« あなたの言うこと あたっているので とってもつらいです | トップページ | 父よ、あなたは偉かった »