« ああ、もう嫌だ!と思うことだけがまだこうして居れる力なのです | トップページ | STOP THINKING ABOUT IT »

2010年12月 1日 (水)

6年ぶりのROCKIN’ON JAPAN

昨日、ROCKIN’ON JAPANを購入。昔、毎月欠かさず買ってたのに、今では本屋に行っても手に取ることすらしない。JAPANがダメになったとか変わってしまったというより、もう俺が現在の日本のロックの現役の聴き手じゃなくなってしまったから仕方ないんだろう。まぁ、それでも出会うべくして出会って聴いてるモノも少しはあるけどね。そんな俺なのに、なんで今月買ったかというとコレだ。

Dscn4565

JAPANのみならず、邦楽系の雑誌に全くと言っていいほど目を通さなくなってるので、コレは読んでみたかった。後藤まりこの発言を活字媒体で読むのは、メジャーでの初フル・アルバム『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』リリース時、ミュージック・マガジン’08年6月号以来。なんで、ここで語られてることがファンなら当然知ってることなのか、そうじゃないのか判別つかないけど、“え~?”と思ったり、“やっぱり・・・”と思うことが沢山あって衝撃だった。興味のある方はご一読を。

彼女のことを“キャラ作ってる”とか“ウソくさい”とか言う人も居るのは知ってるけど、そんなのどっちだっていいよ。このインタビューでも「よく嘘つくで」と認めてるし、♪彼女は酷い大嘘つきです。オオカミ少女と呼ばれてました♪って歌詞(「グッバイ」)もあったけど、俺は聴いてて“来る”から。それでOKつうか、“嘘つき”な部分も含めてリアリティー感じてるから。今後、どうなってくのか楽しみなアーティストだな。

ロキノンと言えば、先日、たまたまHPで見かけたコレ。“「ただのスターリン」
「ただの遠藤ミチロウ」にしかきこえない”っていうのは同感。それだけミチロウの唄が強力にオリジナリティーに溢れてるってことだ。で、日本マドンナ、コレも判る。でもそれを言うならミドリもだろ?と思ってしまった。聴いてみたかったよ、ミドリのスターリン・カバー。

そうそう、同号に掲載の『ロマンチスト』にも参加のグループ魂、暴動(クドカン)のインタビュー。新作の歌詞で♪俺たちのCDをパンクコーナーに置いてくれないか♪ってのがあるみたいで。俺もグループ魂の記事書いた時、“日本のパンク”のカテゴリーじゃなく“日本のロック”に入れてしまってたので、今後、書くことがあったら“日本のパンク”にしよう(笑)

Dscn4567

ウチにあるJAPANのバックナンバー。サイズ変わってからもチョコチョコ買ってたけど、創刊(88年10月号)から93年4月号まではコンプリートしてた。

Dscn4568

この辺のアーティストのインタビュー読むならJAPANだよなぁ、と思ってた。こうして見ると2号目にして花田が表紙だったり、エレカシの宮本の表紙が怖かったりで(笑)懐かしいな。チャボとマーシー、花田、下山(別々)、泉谷とシオン、ミチロウとちわきまゆみとか対談も独自で面白かった。達也が2万字でGODの話、いっぱいしてたり(笑)

今回の前に買ったのいつだったかな?と調べてみたら、04年9月号、フジで再結成したルースターズの全員インタビューが載った号以来だった。

またいつか買うことあるかな?

|
|

« ああ、もう嫌だ!と思うことだけがまだこうして居れる力なのです | トップページ | STOP THINKING ABOUT IT »

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/37919850

この記事へのトラックバック一覧です: 6年ぶりのROCKIN’ON JAPAN:

« ああ、もう嫌だ!と思うことだけがまだこうして居れる力なのです | トップページ | STOP THINKING ABOUT IT »