最近のトラックバック

« 奥行きの深い平日休暇/MY HOMETOWN | トップページ | 天井の低い、狭いトコで酒呑みながら »

2011年1月22日 (土)

僕は詞が書けない だからギターを弾いてる

Dscn4720

本当なんだろうなと思いつつ、どこかでガセであってほしいと思ってたことは本当だった。

25年以上も前に失踪して一度も公の場に登場することなく逝ってしまったタム

たとえ生き永らえたとしても二度と出てくるつもりはなかったのかもしれない。でもいつか、もしかしたらと淡い希望を抱いてた。もう、それは叶わないんだな・・・。

25年の間、何を思いどういう人生を送ってきたのかは知る由もないし、出てこなかったということは知ってほしくなかったんだろうから詮索はしたくない。

でも、ファンの勝手な思い込みだけど、ずっとパンクで居続けてたと思いたいし、信じたい。たとえパンクに興味なくして音楽に携わらなくても、ギターに触れることがなかったとしても。精神的にね。

今日は仕事だったんだけど朝っぱらに、昨夜のTHE STALIN Zのライヴに関するフォローワーさんたちのツィートなんかを読みまくったらどうにもこうにも込み上げてしまった。何が何でも行くべきだった。一生もんの後悔だな。

今日は仕事中も、タム、そしてスターリンのことが頭から離れなかったよ。

Dscn4712

今度のことを知った日から毎日聴き続けてる。タムが関わった3つのアルバムの中でも一番、タムのカラーが出てる作品だと思う。リリースされて28年経ってるけど、1回も風化したことない、俺の中で。

「当時、この曲を入れたら『虫』ってアルバムのコンセプトが崩れるって、ギター(タム)が絶対、反対だったの。そいつのイメージからすると“水銀”はパンクじゃないわけよ。でも俺はこの曲の持つ質感は“虫”(タムの作曲)と同じような質感で捉えてたから、いいんだ、“虫”やるんだったら“水銀”やって当たり前だって感覚だった」(91年、ザなしスターリンのライヴアルバム『行方不明』リリース時のDOLLのミチロウ・インタビューより)

でも反対してたタムのギターがいい、とっても。翳りがありつつ艶のあるイントロ。

水銀 - THE STALIN

そして「365」、「Fifteen(15才)」、「Die In」、「アザラシ」、「

“弦を引っ叩いて、パチーンという鉄の音が聴こえてくるイメージ”とスターリンを評したのは泉谷だけど、まさにそんなイメージのタムのギター。

ミチロウとタムにはパンクやスターリンの捉え方にズレがあったように思う。それがぶつかったり、重なったりして出来たのがこのアルバムだったんじゃないかな?もの凄い緊張感。

Dscn4709

「T‐REXでピンときたのが、あのビートだったんです。高校の時はザ・フーの暴力的な部分にすごく憧れた。僕が“ああロックだな”と思うのは、まずビートがあること、それからやかましいこと、そして内側も外側も攻撃的なこと、大人に嫌われることですね。ザ・フーを知ったときは、それまで聴いてきたT‐REXがデコレーションケーキみたいに色あせた。次にピストルズを聴いて、ザ・フーが色あせた。パンクってみんなバカにすっけど、当時すごい真実味にあふれてたからね」(82年、メジャーデビュー直前のミュージックマガジン・インタビューでのタムの発言)

カッコイイこと言うよねぇ。

Dscn4689

今日の記事タイトルに拝借したのは先日も紹介したG‐ZETのCDに収録されたFM番組でのタムの一言。タムをよく表した言葉だと思う。

Dscn4724

もう一度、ミチロウの横でSGを掻き鳴らす姿を観たかったな。(画像は俺の初ザ・スターリンの時のモノ)

タム、お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

« 奥行きの深い平日休暇/MY HOMETOWN | トップページ | 天井の低い、狭いトコで酒呑みながら »

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

ライブ直前に訃報とは因縁をかんじますね~
最初にミチロウから一言あったそうですが…
あす大阪ライブ行ってきます。

東京のSTALIN Zは結果的にタムの追悼になってしまいました。訃報がなければまた違った感じのライヴになったと思う(感じかたは人それぞれですが・・・)。

もし別なカタチでタムの追悼ライブがどこかで行われるなら、駆けつけるべき(かも?)。

>マイト様

マイトさん、レポよろしくね!


>@koakyana様

まぁ、意味合いは違っちゃいましたよね。
でもいろいろ読んでると最上のやり方だったのでは?って気がしました。

やっぱり駆けつけるべきですよね。

LA MOSCAさん、このサイトにあるTAMの
画像をmixiのTAMのコミュニティのTOPに使わせてもらえないでしょうか?
実はTAMのコミュはすでにあるのですが管理人の
人が何も書き込まない人はやめてもらうと、厳しいのでもっと大勢の人が気軽に入れるTAMのコミュを追悼の意をこめて作ろうとおもった次第です。

僕は平成生まれなのでTAMに関する思い入れというのは今まで無いに等しかったのですが自分が苦しんだり、落ち込んだりした時に元気づけてくれた音楽を
作ってくれた人が亡くなってしまうのはやはりさびしいです。
今、ミチロウの言葉だけではなくTAMのあのギンギンに歪ませたギターにも救われていたんだなとあらためて思います

>ががーりん様

どうぞ、喜んで!と言いたいとこですが
俺も無許可で他所から持ってきたモノばかりなので
あとは貴方の判断にお任せします。

俺はミクシーやってないんで、確認出来ませんが
是非、愛情込めた素晴らしいコミュを作ってください!

コメントありがとうございます。
貴方のような若い方に読んでもらえて嬉しいです。
これからもよかったらまた遊びに来てください。
しかし、平成生まれかぁ・・・。

>LA MOSCAさん
御返事ありがとうございます。
画像については自分で判断しようと思います。
大勢の人にTAMの凄さを知ってもらえるような
コミュを作りたいと思います。

僕みたいな後追い世代にはこういうサイトってすごく
うれしいです。当時のことを知っている人の話は
テンションがあがります。
またちょくちょく覗かせてもらいます。

>ががーりん様

老いぼれの冴えない昔話を若い人にそう言ってもらえるなんて嬉しい限り。
是非、素敵なコミュを作ってください!

今後もよろしく!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/38527137

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は詞が書けない だからギターを弾いてる:

» 吐き気がするほどロマンチックだぜ!! [尾高弘樹の備忘録]
 shibuya O-EASTで「ロマンチスト~THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album~」発売記念ツアー「吐き気がするほどロマンチックだぜ!!」を観に行く。チケットはソールドアウトであったが開演直後に当日券(全立見5500円)が若干枚数発売されたので運良く入場できた。... [続きを読む]

« 奥行きの深い平日休暇/MY HOMETOWN | トップページ | 天井の低い、狭いトコで酒呑みながら »