最近のトラックバック

« SHE’S SO COOL | トップページ | 日本のパンク界、サイコーのギタリスト »

2011年1月11日 (火)

Newton’s oblige

事前に情報は得てたものの忘れちゃいそうだったんで、随分前から録画予約してた今日の町蔵(町田康)@『スタジオパークからこんにちは』(NHK)

やっぱり完全に忘れてて職場で昼休み中にTVから「メシ喰うな!」が聴こえてきてビックリ。今度の金曜、週末出勤の前倒し代休なんで、その時、ゆっくり観よう。

昨日、あるフォローワーさんのツィートで知ったコレ

23日に自身がオーナーの大阪キングコブラで復活ライヴのあるザ・スターリン三代目ドラマー、中田ケイゴのインタビュー。

ここで語られてる、当時のエピソード。詳しい情報のなかったこの頃、勝手に“ああなのかな?こうなのかな?”と妄想してたことがまんまだったり意外だったり。なんか読んでてじーんときてしまった。

ミチロウ、タム、そしてシンタロウ。

当時、感じとってた雰囲気が蘇った。

「皆、無口で暗い目をしてた」

やっぱり空恐ろしいぐらいに孤高のバンドだったんだな。

Dscn4686

ケイゴのオーディションの時、待ち合わせ場所のアルタ前にむき出しのベースを肩に担いできたというシンタロウ、唯一のソロ・アルバム。86年、アルケミーからのリリース。ここから10年後に死んでしまったんだね・・・。

83年にスターリンを脱退後、このアルバムに前後して、非常階段(メンバーのユカと結婚してた)、吉野大作&プロスティテュートに参加したり、泥の河というバンドをやってたりもしてたけど、俺はライヴも観てないし、音源も未聴。コレを聴いたのみ。

正直言ってビックリするほどいいアルバムか?って言うと違うと思う(シンタロウ自身のヴォーカルはちょっと・・・ってカンジもあり)。でも、B面のインストによるタイトル曲とシームレスで続く「Qui vous I’a dit?」の冷たくも美しい暗さは怖ろしくカッコイイ。

参加してるのは中村貞裕(じゃがたらetc)、三紫江戸蔵(筋肉少女帯)、林直人(INU、非常階段、アウシュビッツ)など錚々たる顔ぶれ。

未だに思い出したように聴きたくなる1枚。

そういえば、昔、84年頃?クロコダイルで人民オリンピックショーを観た時、シンタロウが来てて(愛ある)野次飛ばしてたっけな、酔っ払って。終演後、カウンターで町蔵と何やら真剣な表情で語りあってたのも憶えてる。

昨年のミチロウの還暦ライヴ、最後の「天国の扉」の弾き語りで“シンタロウ!”ってミチロウが言った気がしたけど空耳かな?と思ってたら、あるフォローワーさんも指摘してた。

言ったよね?

« SHE’S SO COOL | トップページ | 日本のパンク界、サイコーのギタリスト »

日本のパンク」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

「道郎さんは、冷たい人だよ。」とタムが言ったらしいけど、これ読んで切なかった。タムは蒸発しちゃったわけだからね。現在も所在がつかめていないらしいし。
シンタロウは酒と薬で早死にしたちゃったし。ミチロウが最初のスターリン再結成の時シンタロウを誘った話は聞いた事あるが、タムは探したのかな? イヌイジュンと金子アツシはたまに今のミチロウのライヴ観てるよ。STALINISM/STALIN Z のメンバーに関しても達也にまかせた感がある。たぶんミチロウってそういう人なんだよ。

シンタロー、と叫んだのは本当です。間違いない。DVD用の演出かもしれませんが。こういったミチロウの演劇性・ナルシズムもまた魅力のひとつだと思う。

>@koakyana 様

真偽はともかく、当時からいろいろ言われてますからね、ミチロウは。
タムも脱退後、いろんなトコで言ってたし・・・。
うん、俺もそんな部分も含めて好きです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/38432137

この記事へのトラックバック一覧です: Newton’s oblige:

« SHE’S SO COOL | トップページ | 日本のパンク界、サイコーのギタリスト »