« 97年1月11日、PATTI SMITHを初めて観た | トップページ | ANOTHER PLUG »

沈黙に意味のあるフリをして

「パティ・スミスと話しました。テープも渡して。アイ・ラヴ・ニューヨーク・パンク、アイ・ラヴ・ルー・リード、アンド・ユーって(笑)。凄い笑ってくれて、一生懸命聞いてくれて、凄いいい人だね」

昨日、ちょっと触れた01年のフジ・ロック・フェスティバルに出演した時のMO’SOME TONEBENDERの百々和宏の雑誌でのコメント。

俺はこのバンドの存在も知らなくて見逃して、コレ読んで興味持って、WOWWOWでのTV放送でこの曲観てカッコイイと思って。

MO'SOME TONEBENDER/DAWN ROCK (動画は別モノ)

♪ジミはギターと一緒に燃えカスになって

 ジムが開けたドアのノブは腐って外れてしまった♪

♪狂ったダイアモンドごっこをして遊ぶんだ♪

なんて歌詞に思わずニヤリとしたりもして。

Dscn4740

すぐ買ったよ、この曲入ってるアルバム。

結局、コレと次のメジャー・デビュー作『HELLO』しか持ってないけど、好きだね、このバンド。

02年のフジで観たライヴもカッコよかった。

他の二人、ベースの武井もドラムの藤田(最近はサポートドラム入れてギター弾いてるらしいね)もいいけど、やっぱり個人的にはヴォーカル&ギターの百々。

冒頭の発言の他にも雑誌の自慢のTシャツコーナーに『爆裂都市』のTを持ってきたり、イギー・ポップのドキュメンタリー映画のTV放映の時にコメンテーターで出演してたり、達也とJOY HEIGHTS(アルバム、サイコーだった!)やってたり、その達也加入後のフリクションのシングルにコーラス参加してたり(そういうえば未聴だけど、モーサムで「BIG‐S」カバーしてるんだよね。ギターで参加したかったろうな)、あげくに先日のTHE STALIN Zにも達也と共に参加したりで、いちいちツボ突かれまくり。

無視出来ない存在だね。他の作品も聴いてみようかな?

JOY HEIGHTS / 響愁 -echo of nostalgia-

百々のギターがトム・ヴァーラインしてて微笑ましい。

Mo'some Tonebender /echo

あまりの“らしさ”にイントロで思わず吹いてしまった、紹介したアルバムのタイトル曲。動画、音と絵、思いっきりズレててるけど・・・。

一番好きな曲。

タイトルは、やっぱりピンク・フロイドからだろうか?

 

|
|

« 97年1月11日、PATTI SMITHを初めて観た | トップページ | ANOTHER PLUG »

日本のパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/38712174

この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙に意味のあるフリをして:

« 97年1月11日、PATTI SMITHを初めて観た | トップページ | ANOTHER PLUG »