« 泣いて別れた桜散る帰り道 | トップページ | GIVE UP THE FUNK »

2011年4月21日 (木)

GROWING UP IN PUBLIC

Dscn4874

少し前に手に入れたこの雑誌がとても面白い。

『prints21 2011夏・中村達也特集号』

俺が達也を知ったのは『ヤングセンス』(だったかな?)という雑誌のこの記事。高3って書いてあるから82年だと思う。

Dscn4971

翌年には当時、原爆オナニーズに居た良次雄と一緒に最盛期のザ・スターリンのツアーに参加。3ヶ月で脱退するものの、その派手な出で立ちもあってか、パンクシーンでは一躍人気ドラマーとなる。

昔から華のあるキャラクターだったから俺も好きだったけど、達也のドラムがホントにスゴイと思ったのは正直言うとブランキー以降。

GODは名古屋の古い仲間同士だけど、音的にはイマひとつ合ってると思えないトコもあったし、スターリンのドラムはやっぱりイヌイジュンだろ?と思ってたから。あっ、マスターベーションはカッコイイし合ってると思ってたけど。

ブランキーは、それまでどこか窮屈そうだった達也がやっと伸び伸びと本領発揮出来るバンドだと思った。大体、聴く切っ掛けが達也だったしね。“あの達也がイカ天出てメジャー・デビューか!”と思って。

肝心の雑誌。

「レックやミチロウみたいな核が欲しい」という発言が印象的な最新インタビュー、『中村一人旅』や昨年ちょこっとやってたTwitter的な「Tatsuya’s Photo Twitter」、子供の頃やOXYDOLL時代のNONとのツーショット写真(!)まである略年譜、多彩で複雑なバンド遍歴や、参加音源をほぼ網羅した音楽活動年表など盛り沢山で読み応え満点。

第三者のコメントというかエッセイというかインタビュー的なのは、布袋も永瀬も大森南朋も塚本晋也も豊田利光も判るけど、レックとミチロウに登場して欲しかったなぁ。良次雄とか卑龍、ケイゴやMAXとは言わないけどさ(笑)

あとフェイバリットのトコに冨士夫の『ひまつぶし』、クランプスの精神病院ライヴのDVD、イギーやジョニサン、ストーンズのライヴ、吉田秋生の『BANANA FISH』があったのにニンマリ。

インタビュー含め、達也の発言はいつもながら面白いけど、富士山に登山した時のエピソードがあまりにらしくて笑えた。

昔、ブランキーの頃、「ケツの穴までおっぴろげて見せられるようになりたい」なんて言ってたけど、ホントに達也って包み隠さず話す人だよね。欽ちゃんバンドは知ってたけど浜田真理のバックバンドのオーディションまで受けてたとは!しかも落ちてるし(笑)そんなことまでわざわざ言わなくてもいいのにね。

スターリン時代に19歳とかだった達也。そこからずっと、ブランキー以降は規模も大きくなったトコで人目に晒されて進化というか成長し続けてる。まだまだ続きそうだし、今後も楽しみにしてよう。

Dscn4969

震災でも無事でよかった・・・。記念すべきGODの初リリース作。

Dscn4967

達也が叩く「TRAIN KEPT A ROLLIN’」!原爆のライヴ作。

Dscn4968

THE STALIN Zでも一緒だったモーサムの百々も参加のカバーセッション。

今夜はこの辺聴こう。

あっ、前から思ってたけど、今回の雑誌読んで改めて思ったこと。達也ってワイルドなチンピラと認識してる人が多いだろうけど、すんげー繊細なトコもあるんだなって。

そういうトコも大好き。

|
|

« 泣いて別れた桜散る帰り道 | トップページ | GIVE UP THE FUNK »

日本のパンク」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

スゲー、 この雑誌、まだ持ってたのかよ!? (@_@)
確か、 その前号とかにマサミさん在籍時のトラッシュも載ってたよね!
俺は初期のゴッドを83年の終わりと84年初めに何回か曼陀羅や鹿鳴館で観たけど、当時から達也君のドラムは上手かったよ。 しかも、スゲー目立ちたがりでノンがMCで喋ってんのに後ろで勝手に喋ってたり(笑)、 ステージ衣装はパジャマだった(笑)。
俺はゴッドと言えば、 そのデビュー作のチンピラ・カセットとSpeaker to animalsだね。 この二つは名盤。 スタークラブから原爆まで 当時の名古屋のパンクシーンでは良さんが1番高い音楽性を持ってたのがわかる作品だね。

投稿: ロン様 | 2011年4月21日 (木) 22時10分

ヤングセンス~!!「美術は5だから」つてやつですよね!!凄い雑誌でしたよね!僕的には「白」の記事が衝撃でした!!何気にH・DOGとかコッソリと吉川○ウジのアマバン時代の記事があったり!改めて読みたいな~。

ロン様>TRASH!ヒロシさんがチェーン握ってる写真、鮮明に焼きついてます!(この場を借りて失礼しました!)

投稿: 床屋 | 2011年4月22日 (金) 21時44分

>床屋さん、
そう、そう! ヒロシさんの黒いチェーン! ヒロシさん、 いつも首にまいていてアクセサリー兼武器だった!
懐かしいなぁ。。。。

投稿: ロン様 | 2011年4月23日 (土) 00時47分

>ロン様様

物持ちいいでしょ~?(笑)
でも残念ながら切り抜いて雑誌そのものは捨てちゃった。
トラッシュ載ってたのは俺もスゲー憶えてる!
そっか、ロンちゃん観てるんだよね、その頃のGOD
俺、『MAJIME』以降だからなぁ、ライヴ通い出したの。
観てみたかった!


>床屋様

ずっと前に書いてたよね、ブログに。
H・DOGと吉川○ウジが載ったのは憶えてないなぁ。
ヒロシのチェーンは俺も憶えてます!
怖かった(笑)

投稿: LA MOSCA | 2011年4月23日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/39701396

この記事へのトラックバック一覧です: GROWING UP IN PUBLIC:

« 泣いて別れた桜散る帰り道 | トップページ | GIVE UP THE FUNK »