最近のトラックバック

« SICK OF YOU | トップページ | 桜 »

2011年4月15日 (金)

10年目の4月15日に/♪Joey Joey♪

今日はJeffry Ross Hymanの命日。もう10年も経ったのかぁ。

とうとう俺は一度もRAMONESを観れなかったけど未だに大好き。RAMONESもJOEYも。

パンク・ロックのパイオニア、RAMONESのヴォーカリストにしてソング・ライターである以前に無類の音楽好きだったJOEY。そんなトコも愛おしい。

JOEYのエピソードで大好きなのをひとつ。

何度目かの来日時、同時期に来日してたディランの武道館公演を観にボブ・グルーエン&シーナと出向いて、終演後、楽屋を訪ねて、ステージ・ネームを曲名から戴いたほどのファンゆえに緊張してたのか、隅の方でジッとしてたらディランの方から「へーイ、ジョーイ。お前、東京で何してんだ?」と声を掛けられた。帰りのタクシーで車窓から外を眺めひとりほくそ笑んでいたというJOEY。“彼の方から話しかけてきた!俺のことを知ってた!”という顔をしてたそうだ。

以上、シーナと所用で自分は居なかった鮎川の思い込みも入った(笑)証言。

JOEYの発言で大好きなのをひとつ。

「音楽はずっと俺を救ってくれていた。いつも特別だった。時々、あまりに惨めな気分で落ち込んでどうしようもない時はストゥージズのレコードを聴いて悪魔を追い払った。聴くと解放されたんだ」

ドキュメンタリー映画「END OF THE CENTURY」より。

Bob Dylan - Joey

Johnny Thunders ‐ Joey

向こうでコイツやジョニーやディー・ディーとケンカしてなきゃいいけどね(笑)

Ramones - I Remember You

こういうカワイイ曲をあのムサイ顔したノッポが背中丸めて書いてたのかと思うと微笑ましくていいな。

Tumblr_lj4jqshz0g1qa1r2lo1_400

画像は(たぶん)初来日時のモノ。こういうのデパートの屋上とかによくあったよね。伊勢甚(古い方)にもなかったっけ?

Joey Ramone ‐ What A Wonderful World

« SICK OF YOU | トップページ | 桜 »

NY PUNK」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

ありゃま、自分にとってはうれしいことこのうえない貴重なツーショット…いいものみせてもらいました。
ありがとうございます!
シアワセ感。

>月見家様

あぁ、そうか、そうですよねぇ。
俺も子供の頃は大好きでした。
ライダーベルトも持ってたし(笑)
平成モノも娘と一緒に観てました。
クウガ、アギト、次のライダーが3人居るヤツまでは。
ショーとかも観に行ってサインとか買わされました(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/39625973

この記事へのトラックバック一覧です: 10年目の4月15日に/♪Joey Joey♪:

« SICK OF YOU | トップページ | 桜 »