最近のトラックバック

« 29年目の7月1日に | トップページ | I could swim in your love »

2011年7月 3日 (日)

MUSIC IS YOUR SPECIAL FRIEND

いやぁ、まいった。

昨日、緊急事態発生しちゃって。

極々、プライベートなことなんでココには書かないけど、当分、心配な日々が続きそう。

とりあえず、今日のトコは落ち着いてひと安心。

そんなこんなで、昨日は全然進められなかった雑用に終始した1日。

Dscn5264

昼下がりの休息時に、しばらく前にレンタルしてきて観てなかったコレを観た。

俺、西原理恵子は好きでも嫌いでもないけど、配役の妙もあって観たかったんだよね、この映画。

決して楽しい話じゃないし、ノンフィクションというのも判ってるんで、観てて悲しくなったり辛くなったりもするけど、なんか良かったな。永作博美は大好きでココでも名演だと思うけど、浅野忠信の存在感溢れる演技に救われる。

前情報で認識してたけど、すっかり忘れてたエンディングの清志郎の「誇り高く生きよう」でグーッと持ってかれちゃった。いい映画だと思う。

Dscn2020

今年も7月3日がやってきた。

40年目と42年目かぁ。

さすがにリアルタイムな記憶としてはない。俺が認識した頃には二人とも、もう居なかった。

DOORSは、『地獄の黙示録』で知ったんだっけ?

あの映画に合わせたベスト盤で初めて聴いた気がする。

こないだ、『CUT』で記事読んで、またDVD観て、一昨日のM.J.QのオープニングS.E.で「THE END」聴いて思い出したばかり。あのオープニング・シーンは何度観ても強烈だな。

というか、DOORSは夏だよね、イメージ的に。

Dscn5262

今、聴いてるのはコレ。67年の2nd、『STRANGE DAYS』

同年1stの方が突出した曲あるけど、アルバム全体のクオリティーではこっちの方が上かな?

印象的なジャケも含めて(意外と大したジャケットないんだよね、ドアーズって)、一番、コンセプシャルな作品かも。

全曲いいけど、やっぱり「WHEN THE MUSIC’S OVER」だね、強力に残るのは。

しかし、たった1年の間に1stとコレ作ったってスゲーよなぁ。

かくも生き急いだ男、ジム・モリソン。

Dscn5263

夕方にはコレを聴いてた。

ROLLING STONES、66年の『AFTERMATH』

ストーンズ初の全曲オリジナル。ジャケもタイトルもカッコイイ。

そういや、米盤ジャケのポスター貼ってたな、実家に住んでた頃。捨てなきゃよかった・・・。

もうさ、断然、ブライアンだよね、この頃は。

いくらミック&キースに主導権取られようが、断トツの存在感。

UNDER MY THUMB」のマリンバに、「LADY JANE」のダルシマー!

さて今からは何、聴こう。

『ジュジュカ』か?それとも『アメリカン・プレイヤー』にしようか?

« 29年目の7月1日に | トップページ | I could swim in your love »

戯言」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

ストーンズはアルバムも曲もバッチリと気があいましたね。かたやドアーズは、曲は違えど取り上げたアルバムが一緒じゃないですか!今年の7月3日は、この2枚でしたねぇ…。

>Blue様

Blueさんのツィート見て、嬉しくなりましたよ!
俺も昨日はこの2枚。
「MOONLIGHT DRIVE」もいい曲ですよねぇ。

「毎日かあさん」も、観てね。

>P様様

なんで君も様つけんのよ(笑)
変なの真似しなくていいよ~(笑)
あっ、キョンキョンと永瀬のヤツだよね?
観たの?やっぱりいいのか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/40659634

この記事へのトラックバック一覧です: MUSIC IS YOUR SPECIAL FRIEND:

« 29年目の7月1日に | トップページ | I could swim in your love »